かぜ。

 いつものバス停にて――


「――くちゅん!」

月夜が咄嗟に口を手で覆いそんなクシャミをする。


「月夜カゼ?」

イブキはいつもより顔色の悪い月夜を気遣うようにイブキが言う。


「う〜……なんか昨夜からちょっと熱っぽくて……ウチ汗っぽいと寝られないから、体調悪いのに無理してお風呂はいったのがいけなかったのかな〜」

フラフラでいまにも倒れそうな様子で話す月夜に――


「きょ〜はガッコウやすんだほ〜がイイよ、ホラおくってくから〜」

そういってイブキは月夜に自宅に帰って休む事を進める。


「…………ん。そしよっかな……」

 珍しく弱音を口にすると、弱弱しげに踵を返す。


「……じゃ、先生に休みって伝えといて……」


「ん? カンビョ~するよ」

 月夜に付いて行こうとしたイブキはそういうと、


「カラダふいてあげたり、おかゆつくったりするよ」


「いや……おまえは学校行けよ」

 その突っ込みもいつもより弱弱しかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます