しんがた。

 いつものバス停にて――


「月夜、月夜~」

 イブキが江戸時代なら「てへんだ~! てへんだ~!」と言いそうな感じで走ってくる。


「ん~? どしたの?」

 月夜が見ていた、グルメ系ニュ~スから視線を外すと聞き返す。


「タイヘンなんだよっ! シンガタなんだよ!! リュ~シュツなんだよっ!!!」

 イブキが興奮ぎみにそうまくしたてる。


「? なんの事?」

 月夜が意味がわからず小首を傾げながら、


「――んとね……。あぁ、そのまえにハイこれ」

 そういってイブキはアルミホイルに包まれた『イブキ特製フレンチト~スト』を渡す。


「ありがと、イブキ」

 途端に上機嫌になりフレンチト~ストを受け取る月夜。


「――んで、なんだったの?」

 月夜がト~ストを食べながら、聞き返す。


「コレ、コレ」

 そういって掲げたイブキのスマホ画面には――


「一人乗りの背負い型飛行装置販売へ? なにこれ?」


「そのまんまだよ! すっごいよね! とべんだよっ!! すっごいよねっ!!!」


「うん――ハグハグ」

 そういって興味なさそうにフレントト~ストを食べる月夜だった。



 プロペラ式で時速74キロ、最高高度は1000メートル、稼働時間は30分みたいです。興味のある方は購入してみてください。

 価格は2400万円しますが。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます