こ~かい。

 いつものバス停にて――


「う~ん……やっぱし最近、調子悪いな」

 月夜が険しい表情で自身のスマホを見ながら呟く。


「さいしんにしなよ~。いいよ~シンガタは!」

 イブキがそ~いいながら自分の新型、大型スマホをフリフリしながら言う。


「そ~いうケド、この機種って高校入学祝いにおじ~ちゃんが買ってくれた物だからなんか……変えづらくて……」

 そういって自身のスマホに愛着の籠った視線を向ける。


「なが~くつかうなら、ヨウリョ~のおおきなのしなきゃ」


「それも、あんまりお金使わせちゃ悪いかな~って思って、ついつい一番安いモデルをね――」


「でも、そのせ〜でバージョンアップすらできないんじゃ」


「うん……」


「うん……新機種にして、これにはBL――画像保存用にするネ」


「……そっちのが、ど~かとおもうケド……」

 せっかくの良い話しが台無しになった瞬間だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます