まだこない……

 いつものバス停にて――


「じんせ〜でさんかいはくる、モテき――まだのヒトは4わりごえ」

イブキがそんな如何わしい記事を読んでいる。


「ねぇねぇ――」

月夜が餅要りハ〜ゲンバカ売れ――買い貯めしなきゃと考えてるとイブキが話しかけてくる。


「なに?」


「月夜はモテきとかあったの?」

イブキがふと思い付い疑問を口にする。


「ウチ? ウチは――」

そういって月夜は思案顔になる。


「まあ、月夜にモテきなんかきてるワケないよね〜」

イブキの言葉にカチンときた月夜は――


「あ、あるわよ」


「あるんだっ⁉︎」


「も、もちろんよ」

と、言いつつ歪な笑顔を浮かべる。


「ねね――どんなかんじだったの?」

聞かれても、人生で一度も男性と付き合った事はおろか「温めてください」「袋はいいです」以外の会話を異性としたことがない月夜は――


「あ、あれはなってみないとわかんないよ……言葉で説明できるものじゃないからね〜」


「ふ〜ん……そなんだ」


「う、うん。そうだよ」

二人のモテ期がいつ訪れるのかは誰も知らない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます