もも。

 いつものバス停にて――


「そういえば――」

 イブキがふと何かを思い出したように呟く。


「ん?」


「そういえば、キョ~ってひなまつりだね」


「あぁ――そういえば」

 女の子のイベントのハズなのに妙に他人事のように言う二人。


「月夜んちはニンギョ~とかかざんの?」


「ウチ? ウチは毎年飾ってたけど高校生になってからはやってないかな~」


「そうなんだ」


「もともとは大人の女性も参加するイベントだったから、別に飾ってもいいんだけど……片づけるのメンドウだしぃ~……」


「あぁ~……テイネ~にあつかえわないとダメだしネ。でも、そっか、そっか。月夜んトコはなんもやってないんだ~」


「あっ! 白酒飲んで雛アラレ食べて、菱餅も食べてるよ」


「……たべものケ~はキッチリやんだネ」

 少しあきれぎみに呟くイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます