やくわりぶんたん。

 いつものバス停にて――


「う〜ん……チョコトルテ……チェリ〜パイクッキ〜……」

イブキがバレンタインに作るスィ〜ツを迷いながらレシピの乗ったサイトを巡回していると、

「イブキ」

「ん?」

名前を呼ばれている振り返ると――まるで天使のような笑みを浮かべた月夜が――

「ウチでよかったら試食するよっ! じゅるり」

「でも……わるいよ」

「大丈夫! そんな全然、お菓子は別腹だからっ‼︎」

「そっか〜じゃあさ――もういっこキョ〜リョクして」

イブキが良い事思いついたといった表情になり、

「イブキさんはリソ〜のカレシにたべさせるものつくるから、月夜はイブキさんのリソ〜のカレシさがしてきて」

「うん。それは無理!」

そこはキッパリ断る月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます