もんど。

いつものバス停――に近くにあるコンビニにて――


「う〜ん……」

イブキがデザ〜トコ〜ナでいくつもの商品と睨めっこしていると、

「イブキ〜早く行かないと乗り遅れちゃうよ」

「じゃ、このモンドなんちゃらってやつとってるやつにしよ」

そう言いながら、パッケ〜ジに『モンドセレクション金賞受賞』と描かれたデザ〜トをてにとってレジに向かう。


「う〜イマイチ……モンドもアテになんないな〜」

歩きながら今食べてる物をそう評すイブキ。

「そりゃ、モンドセレクションって味で評価してないからでしょ」

「へ? ほ〜なの?」

「確かモンドセレクションってパッケ〜ジと実物に差異がないからで、味は関係ない」

「ほへ〜。そうなんだ」

「うん。天然水とかも受賞してるから」

「へぇ〜。月夜はなんでもしってるネ」

「なんでもは知らないわよ。食べ物に関する事だけ」

「そっか、そっか」

「……突っ込みなさいよ」

「へ? どこを?」

心底、不思議そうな顔をするイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます