おおみそか。

 いつものバス停にて――


「おおみそか~!!」

 イブキが元気よく両手を振り上げて叫ぶ。

「――でも、キョ~もガッコだぁ……はぁ~」

 徐々に尻すぼみしていき、最後に真っ白なタメ息を吐く。

「いいじゃない。大晦日って夜が本番でしょ? あ! 一緒に初詣行く?」

「うん! いくいく」

 沈んだ表情が一瞬にして楽しそうに輝く。

「――って、そ~じゃなくって! お~みそかだよ月エモン!」

「ウチを22世紀からやってきたネコ型ロボットにするな~!」

「そ~だよネ。ベンリなド~グだしてくんないし、だいたいなんで月夜もいっしょにガッコいくのさ、さすがにお~みそかはブカツないでしょ?」

「ないよ。ウチは学校で勉強するだけ、集中できるし、先生もいるし、バスは定期でお金かかんないし」

「ねぇ月夜――ちょっとはやめのとしこしソバたべたくない?」

「さ、行くわよ。ソバは今夜の楽しみにとっておくとして」

 そういってイブキの真っ白でフワフワのマフワ~の端を掴むと学校へと連行していった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます