さいしゅ〜へ〜き。

 いつものバス停にて――


「チチユレをケーゲンさせるブラのかいはつにセ〜コウ――」

そんな記事を読んでいたイブキ――しかし、次第に様子がおかしくなる。

「なんて……なんて……おろかなモノをハツメ〜してしまったんだジンルイは……」

珍しくシリアスな表情――顔半分に陰縁をクッキリと付けた顔で呟いた。

「そこまで⁉︎ そこまで言う程の事っ‼︎⁇」

月夜がイブキのあまりの過剰な演出におもわず声を上げる。

「だって、だって。ゆれないおっぱいになんのソンザイカチがあるのさっ!」

「そ~いうけどさ、『たゆんたゆん』って揺れると首とか背中とか痛くなったりするし、衝撃で下着がズレちゃう事もあるし、揺れないブラって結構良いと思うけど」

「そんなっ!?……イブキさんなんってつねにユレまくってたいのに……」

「……365日24時間揺れまくってたら、すっごくアホっぽいと思うけど」

 月夜がイブキが巨乳になって、ゲ~ムしてる時でも、食事中でも、就寝中でも胸が揺れてるのを想像して、そんな事を言う。

「た、たのしそ~だよ」

 自身でもちょっと想像した図がアポっぽかったのか、少し強引に言い通す。

「でもよく、考えたらウチも『たゆんたゆん』するほどないわ」

「……イブキさんもない」

 イブキの声は限りなくか細く、誰の耳にも届く前に風に乗って消えた……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます