りそ〜とげんじつ。

 いつものバス停にて――


「はぁ……」

月夜が嘆息する。

「どったの? 月夜、おなかすいたの?」

「違うわよ」

「じゃ、ついにライシュ〜までせまったクリスマスにアセりを――」

「それも違う。――ってか、それを騒いでたのはイブキでしょ」

「うん……なんか……もう……ことしはムリかな〜みたいな? せまりくるキョ〜イにたいしてできコトはシコ〜テイシとカクゴだけなんだな〜……」

「毎年あるクリスマスでそこまで悟るって……」

月夜がイブキの深い考えに感銘受ける。

「――で、なんでおちこんでんの?」

「う〜ん……昨日さネット通販でコ〜ト買ったんだけど……思ったのとちょっと違って、結構高かったのもあって……」

「なるほど、なるほど」

「別に買う前に見た画像と違うワケじゃないんだけど、なんか違うんだよね……」

「わかる、わかる。イブキさんもセクシ〜なふくかったんだケド、カガミのまえにいたのはキフクのないズド〜んとしたタイケ〜のセ〜ブツだったもん」

「ハっ⁉︎ そうか‼︎ 着てた人、モデルのスペックが高いんだっ!」

「……月夜。なんでそのケツロンにたっしたのかセツメ〜してくれる?」


服や靴の通販、なぜか何度も失敗しますよね?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます