しっぱい。

 いつものバス停にて――


「う〜ん……こんやのゴハンなんにしよ〜かな? ナベかな? ふゆだし。なにナベにしよ〜かな――カキにフグにアンコウにゲッター――」

イブキがスマホのアプリでカロリ〜や栄養の計算をしながら今夜の夕飯を考えている。

「イブキって」

そんなイブキに月夜がふと何かを思いついた様子で問いかける。

「ん〜?」

「イブキって毎日料理してんだよね?」

「そだよ」

「たまには失敗とかしないの?」

「あるよ。う〜んとね……カレ〜」

「カレ〜? カレ〜なんて失敗しようがないでしょ?」

「それがね〜あまってたダイコンをいれたらね、おみずがでちゃってシャビシャビに――」

「あ〜なるほど」

「ほかには、おと〜さんがど〜してもバナナいれるってきかなくて」

「バナナ? おいしそ〜だけど……」

「アマくてマズいカレ〜になちゃった……でも、おと〜さんのせいでイブキさんわるくないから」

「アマいのか……」

「そ〜ぞ〜をぜっするほどマズいよ」

「そ、そうなんだ……」

「こんど月夜につくってあげるネ」

「いや、いい!」

はじめて月夜がゴハンの誘いを断った日だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます