ほば~ぼ~どにぃ~

 いつものバス停にて――


「おぉ!」

 イブキがスマホをみながら驚嘆の声を上げる。

「月夜、月夜みてよ」

 月夜が唇のガサガサに悩んで、唇ケアの情報を読んでいるとイブキが興奮した様子で絡んできた。

「な、なに?」

「むかしのエ~ガにでてた、うかぶスケ~トボ~ドがついにらいねんのジュ~ガツにはんばいされるんだよ」

「あ~まえにいってた浮かぶ板のこと?」

「そそ。これかって『かっとばっくドロップタ~ン』をキメたいな~」

「イブキ……去年スノボでキメってなかった?」

「あれはスノボだもん! やっぱしそらとんでキメたいじゃん?」

「同意を求められても……」

 月夜が困り顔で応える。

「だいたい、そのカットバックなんちゃらってなんなの?」

「ん? クルっとしてスパ~ン! だよ」

「わかんない」

「かったらめのまえでやってあげるネ」

「ふ~ん。で、いくらなの?」

「え~っと……」

 イブキが記事を下にスライドさせ価格を見ると、

「ひ、ひゃくさんじゅうまんえん……」

 月夜がイブキの肩をポンポンと叩くと、

「アルバイトがんばって」

 と、間違った励ましをした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます