どくしょ。

いつものバス停にて――


「ふむふむ――」

イブキがいつになく真剣な表情で大型スマホの画面を指でスクロールさせていく。

「……」

月夜はそんな友人の様子に異変を感じながらも、とりたてて突っ込みはせずにいつもどおりオシャレ系ニュ〜スとグルメ系ニュ〜スを読みはじめた。

「うをっ!」

そのタイミングを見計らってイブキがそんなリアクションをする。

「……なに見てるの?」

少し迷った後、月夜はイブキに問いかけた。

「ん? えっと〜〜ね。ドクショだよ」

「はぁ?」

「だからドクショ。ホンよんでんの」

「へぇ〜電子書籍?」

「うん。いまねシュミがドクショだとモテるんだって」

「あ〜それで影響されワケね」

月夜が合点がいったとばかり頷き、イブキの読んでいるモノをチラ見する。

「――って、Web漫画じゃん!」

イブキの女子力アップの日々は続く。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます