なべ。

 いつものバス停にて――


「これから寒くなると鍋の季節――友達と鍋をつつく時に横暴な鍋奉行にならないようにするには――か」

 月夜がそんな記事を読んでいると、

「ナベいいよね~。イブキさんもダイスキだよぉ~」

「でしょ、でしょ!」

「「断ゼン――」


「肉「サカナだよね~」」


 二人ともまったく同時に言葉を言い放つ!

「月夜ってニクけ~なんだ……」

「イブキって魚介系なんだ……」

 お互い向き合って相手を指さしながら、呟く。

「だって冬っていったらサカナさんでしょ! カキとかエビとかウマミのでるやつをいれてヤサイいれてさ~」

「え~。生臭くなるじゃん」

「ニクのにおいよりマシだよ! ナベがしろくにごるし、へんなアクうくし……ニクなんていれるひとはシロ~トだよっ!」

「でも、タラとかアンコウとか小骨多くて苦手なんじゃない? イブキは」

「タラはちょっと……アンコウはホネもたべれるからヘ~キだよ。みためグロいけど……」

「へ~」

「シイタケとかいれて、あのシャクシャクしたカンショクがすきなんだよね~」

「でも男性はどっちかってゆ~と魚介より肉派が多いみたいよ」

 そういって月夜はスマホでアンケ~ト結果を見せる。

「イブキさんもナベにニクいれよっと」

 そこは変わり身が早いイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます