かすたむ。

いつものバス停にて――


「お〜!」

イブキがいつも通りにスマホアプリでテクノロジ〜関係のニュ〜スを見ていると、そう感嘆の声を上げた。

「月夜、月夜」

即座に隣でオシャレ系ニュ〜スを見ていた月夜の肩をバンバカ叩く。

「ちょ――痛いって、見るから見るから、そのバシバシやめて」

月夜が叩かれた肩を抑えながらイブキの大型スマホを受け取り、

「来年には5000円のスマホが登場?」

「そ〜なんだよ! みてよじぶんでモジュ〜ルされたパ〜ツをえらんでくみたたていくみたい」

「ふ〜ん。なんかよくわかんないけど、すごい事なの?」

「すごいコトだよっ! いままでカンセ〜ヒンをかうしかなかったシジョ〜にじぶんごのみのモノがつくれるよ〜になるんだよ!」

「スマホなんて既製品で問題ないじゃん。まあ、5000円っていう安さは魅力だけど」

「いろいろつけれるんだよ! ジド〜ダンセ〜ホカクキノ〜とか」

「いる⁉︎ それいる⁉︎ あっ! でも、さらに自動男性専用カップリング機能まで付いてたらほし〜かも」

「いる⁉︎ そんなキノ〜いる⁉︎ それよりもジバクソ〜チでしょ!」

「いる⁉︎ その機能いる⁉︎ それよりも――」

結局、夢と妄想のみが際限なく広がっていく話題だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます