べんりきの〜

いつものバス停にて――


「大学で板書きをノ〜トにとらずにスマホで撮影する人はいる⁉︎」

月夜がそんな記事を読んでいると、

「お〜イブキさんたちのガッコ〜もそ〜いうふ〜にすれば――」

「いやいやいや。これこ〜いうのが問題になってますよ〜っていう話しだから、その『その手があったか!』みたいな感じで話す事じゃないから」

「だって、ノ〜トにかきとるとテがつかれいてイタくなるじゃん! せめてノ〜パソつかわせてよ。ちゃんとタイプするからさ〜」

「自分の手でノ〜ト書き取るから習熟効果があるんじゃない? だいたいノ〜パソでとったら、ど〜やって提出すんのよ?」

「ほら、SDとか、ちょっとジダイおくれかもだけどフロッピ〜とかで、なんならPDFにしてメ〜ルでおくるとか、テマもかかんないしコ〜リツてき!」

「そ〜かもしんないけど、それじゃ習熟効果がないって生徒のためを思って――」

「イブキさんたちもタイヘンなセンセ〜たちのために――」

「そ〜思ってんなら夏休みの課題やれ!」

「ア〜ア〜ア〜きこえな〜い」

イブキが手の平で耳を叩きながら誤魔化した。

果たして年内に無事、提出されるのだろうか? それとも冬休みの宿題とドッキングするのだろうかっ⁉︎

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます