ずっともだいあ。

 いつものバス停にて――


「月夜、月夜~」

 イブキは現れるなり、月夜に近寄ると――

「月夜とイブキさんってずっともだよね?」

「はぁ?」

 イブキが現れるなり突然言い放った一言の意図がわからず、奇妙な声を上げる月夜。

「ほらほらこれこれ~」

 イブキが差し出すスマホ画面には――

「『故人の遺灰をダイヤモンドにできる』?」

「そそ」

「ふ~ん……で、ウチが死んだらそれを使ってやりたいと?」

「そそ。でも――」

「ん?」

「なんかフジュンブツがおおいと、あおいろとかになったりすんだよね」

「へぇ~。自分の遺灰がどんな色のダイヤになるかはちょっと気になるな」

「月夜のバアイ、たべかすのようにマダラっぽくなりそう……」

「そんなワケないでしょっ!」

 月夜がイブキを小突いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます