曲がる時にはさきを予測しよう。

 ある日の休日いつものバス停にて――


「新型アイフォンは曲がる!?」

 めずらしくテクノロジ~系情報をみてたいた月夜が驚きの声を出す。

「イブキ、イブキ」

 月夜がなにかをたくらんでいるような小悪魔的笑顔を浮かべながらイブキに呼びかける。

「………………月夜。いまのセリフのあとにかすとおもう?」

「あ~やっぱり。でも、機能的に問題ないんでしょ?」

「なくても、しんぴんがまがわるとなんかイヤ。マスコミのシュザイでいきなしおっことしてわちゃったヒトはホント~にドウジョ~するよ」

「本人としては同情するなら新品くれって言うんじゃない?」

「そ~かもネ。だが、ことわる! あ! バスきたよ」

 イブキは活発さを主張するかのようなデニム姿――スリ~プ状態にしたスマホを後ろポケットに滑り込ませる。


 乗車すると一番後ろの列座る。

「あっ!」

「ん? どうした?」

「スマホ……パキって…………」

 目の幅と同じ涙をダ~っと流しながらイブキが呟いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます