かいだん。

 いつものバス停にて――


「うを!!」

 スマホ画面を凝視していたイブキがそんなリアクションをした。

 月夜はチラリと一瞥しただけで再び自分のスマホ画面へと視線を戻して、聞いている音楽に集中する。

 別段、二人の雰囲気が悪いわけではない。

「おわっ! そこできますか!!」

 再びイブキがそんな声を上げる。


――が、月夜は聞こえないフリをした。


「ふ~。やっぱり夏はこれだね~怪談、カイダン、こわいはなし、のろいの動画とか、ねぇねぇ月夜、月夜」

 ワイヤレスイヤホンで音楽をきいている月夜に声をかけるイブキ。

「やっぱし夏はこれだよね~ホラ~スポットにいってナマほ~そ~してるUP主がきづいてないおかしいトコにコメントしたり、テレビとはちがったたのしみがあるんだよね~。月夜はおばけっているとおもう? どんなキョ~フ動画がすき?」

「…………」

 イブキの声がきこえてないのか月夜はなんの反応もしない。

「イブキさんはねナマほ~そ~中にドアノブがガチャガチャ動――「わ~わ~わ~わ~」」

 突然、月夜がイヤホンの上から手のひらでポンポン叩きながら奇声を発する。

「怖い話し苦手なんだから聞かないようにしてんのに! 雰囲気で察しなさいよ!!」

「うん、しってたけどね」

「いじめっこかっ!!!」

 月夜が半泣きでそう返した夏のある日の午後。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます