すぷ~ん。

 いつものバス停にて――


 ミーン、ミーンとうるさしぐらい鳴き喚くセミと猛暑の続く昨今。

「ねぇ、月夜はアイスたべるときのスピーンは木派? プラ派?」

「えっ!?」

「だから~アイスクリ~ムたべるときのスプ~ンは木かプラスチックかってコトだよ」

「あぁ~。う~んとね……」

 しばらく考え――

「うん。ウチは木のスプ~ン派かな」

「え~。木ってときどき処理がアマくてトゲささんない?」

「さいきんはそんな雑なやつないでしょ?」

「そっかな?」

「それにスプ~ンで固めのアイス食べると折れない?」

「イブキさんそんなガチガチのアイスだったら、ちょっと待ってとかすから」

「え~! すぐ食べたいよ」

「ちょっととかしてシェ~クっぽいやつといっしょにたべんのがウマいんだよ」

「むむむむ……」

「なんかアイスたべたくなちゃったネ」

「31行っか?」

「うん! いいネ!! でも――」

「ん?」

「スプ~ンまったくカンケ~ないね」

「あぁ……コ~ンで食べるからね」

「じゃ、コンビニにしとく?」

「ううん! イブキさん三段アイスにするから31いこ~」

「三段……散弾……sanndan……じゅるり……」

 二人とも三段にして冷たくておいしいアイスを堪能した日だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます