ご〜すと。

いつものバス停にて――


「レーシングゲームで十年前に亡くなった父親のゴースト(プレイヤーと一緒に走行するデータプレイヤー)と再会か〜」

スマホ片手に感慨深く呟く月夜。

「さいきんのゲームならではのエピソードだよね」

記事の内容を知っているのかイブキが賛同する。

「父親のレコード越えるために必死で練習するもゴール直前で勝ってしまうと父親のデータが上書きされてしまうために先にゴールできないとか、う〜ん良い話しネ」

「月夜。もしイブキさんが死んじゃたらこ〜いうビダンつくってね」

「廃人ゲーマーのあんたの記録はウチが一生賭けても抜けそうにないわ……」

「そのかわし、月夜が死んじゃったら月夜の生きた証のパソコンデータをみんなに――」

「オーケー! ウチのPCに自爆装置付けとく」

月夜のパソコンの中には一体⁉︎

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます