もうすぐ――

 いつものバス停にて――


「ニコニコが23時間テレビね~」

「チュ~トハンパだよね~あと一時間がんばれよっておもうよ」

「まあそれだと他局のやつと被ちゃうし差別化を図るためにあえて23時間にしたんじゃないの?」

「あ~なる~」

「もうすぐ夏祭りや花火大会もあって楽しみね~」

「月夜のば~いは祭りとかででてる出店のたべものでしょ?」

「そ、そんな事ないわよ!」

「え~去年、イカ焼き5個もたべてたじゃん」

「あ、あれは……ウ、ウチはイカが好きなの!」

「でも、そのあとにヤキソバも2ついってたよね?」

「や、ヤキソバも好きなんだもん……」

「それだけじゃないよね」

「うっ! り、リンゴアメも食べました……」

「なんこ?」

「み…………みっちゅ……」

「かわいくいってもダメ。月夜がそんなんだから男の子が近寄ってこないんだよ!」

「なっ――! イブキだってアニメキャラのお面を後頭部と左右の側頭部に3つ付けて『アスラマン! シャキーン!』とかやってたじゃん!」

「あ、あれは――その、お祭りのふ~んいきがそ~させたとゆ~か~――って、月夜だってチョコバナナ5本もってチョコバナナフィンガ~とかやってたじゃん!」

「あ、あれは――」


 二人揃うとなお恥ずかしいという事気付かない二人だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます