第十九章 もっと恐ろしいもの

 聖哉の言葉を聞いて、デスマグラは、かぎ鼻をヒクヒクと痙攣させていた。


「『普通のこと』……だ? ならお前は、この窮地を予想していたってのかよ?」

「アンデッド以外の敵が現れるのは当然、想定済みだ。更に火炎魔法が得意な俺の隙を突く敵がいずれ現れることもな。そしてその為の対策は既に用意してある」

「へえ……そうかい……対策は用意しているのかい……」


 オウム返しした後、デスマグラは三つの目を大きく見開いた。


「バカが!! 俺の話を聞いてなかったのかよ!! 対策も何も、このダークファイラスに勝てる訳がねえだろうが!!」


 デスマグラの怒声に、聖哉ではなく、マッシュが先に反応していた。


「そ、そうだ……勝てやしない……! どんな攻撃も通じない……! アイツは……ダークファイラスは無敵なんだ……!」


 デスマグラに首を切られかけた時、マッシュは聖哉も感嘆する程、強い態度を見せ、命乞いすらしなかった。だが、ダークファイラスを見た瞬間、マッシュの虚栄は消し飛んでしまった。きっとダークファイラスの恐ろしさを身を持って知っているのだろう。


 私は一人、唇を噛む。


 時間を掛ければ指や目は回復魔法で元通りになる。だが、負わされた心の傷は一生消えない。


 ――この子は、もう戦士として……ダメかも知れない……。


 震えるマッシュの肩を抱きながら、私はそう感じた。


 マッシュの怯えた声を聞き、デスマグラが笑う。


「そうだ!! ダークファイラスは無敵だ!! 多少の準備をしたところで勝てやしねえんだよ!!」


 広い拷問部屋に響く哄笑。だが、聖哉の屹然とした声がその笑いを遮る。


「多少の準備、ではない」


 そして挑発するようにデスマグラを睨む。


レディ・パーフェクトリー準備は完全に整っている


 いつもの自信に満ちた聖哉の声を聞き……私は思う。


 ――いや……一つだけ……たった一つだけ、マッシュの心の傷を癒す方法があるわ……!


 私はマッシュを強く抱き締める。そして小刻みに震えるマッシュの耳元で囁いた。


「マッシュ。見ておきなさい。デスマグラより、そしてダークファイラスなんかより、もっと恐ろしいものがこの世界にあるということを……」


 ……不安はある。いや、現実に考えたら不安しかない。私だってこんなバケモノに勝つのは常識的に不可能だと思う。だけど聖哉は……このありえない程の慎重勇者が、いつもと同じ余裕振った表情で、いつものように言ったんだ。


『レディ・パーフェクトリー』と! なら……私は信じよう! 私が選んだこの勇者を!


「ケッ!! すぐにその生意気な顔から、血の気を引かせてやるよ!!」


 不敵にそう叫ぶデスマグラ。その前でデスマグラを守るようにしていたダークファイラスに変化があった。


 目鼻のないダークファイラスだが、その顔の下半分――口と思しき場所が――大きく開く。その口腔には体表と同じ闇のような黒い炎が充満している。


 デスマグラは、聖哉から一直線上の背後にいる私とマッシュを見て、ほくそ笑んだ。


「着火したが最後、対象を燃やし尽くすまで消えない炎『デッドリーフレイム完全黒死炎』!! 勇者よ!! お前が避ければ後ろの奴らが巻き添えを食うぞ!! 女神は死ななくとも、そのガキは丸焼けになるだろうなあ!!」


 ――し、しまった!! なんてこと!! もっと気を配って聖哉から離れていれば!!


 だが、聖哉は私を責める素振りもしなかったし、さらには慌てる素振りすら見せなかった。


「着火したら、か。だがその技が日の目を見ることはない。なぜなら、その前に俺が攻撃するからだ」


 言いながら、剣を鞘に仕舞い、少し腰を落としている。


「む……! 来るか? ダークファイラス、」


 デスマグラがダークファイラスに指示するより早く、右手を大きく引いた聖哉が、デッドリーフレイムを吐き出そうとしているダークファイラスの目前にいる。


「は、速い!? なんだ、この速度は!?」


 デスマグラが唸る。瞬間移動と見まがうスピードでダークファイラスとの間を詰めた聖哉は、引いていた右掌をダークファイラスの腹部に打ち付けた!


 し、掌底打ち……! だけど、これはただの掌底じゃない! なぜならヒットした瞬間、ダークファイラスの体のみならず、周りの空気が振動している! 


 ――こ、これは……『振動波』……!!


 打撃スキル中段以上で身につく特技・振動波は通常、敵の動きを一時的に止める効果のある打撃技。しかしダークファイラスの動きに変化はない。それでも別の効果はあった。デスマグラが言っていたように、ダークファイラスの分子構造が乱れ、体を構成する黒き炎が通常の赤い炎へと変わっている。


 デスマグラが叫ぶ。


「し、振動波を会得しているだと!? バカな!! お前は剣士だろ!? どうしてそんな意味のない特技を持ってるんだよ!?」

「……仮に剣を封じられたら残るは己の拳のみ。打撃スキル習得は当然だ」

「け、剣士は普通、そんなこと考えねえだろうが!!」

「俺は自分を剣士だとは思っていない。故に剣にばかり頼るような真似はしない。なぜなら今回のように剣が効かない敵が出てくるかも知れないし、剣が戦闘中に折れる時だってあるかも知れない。また剣を敵に盗られる場合もあるかも知れないし、他にも剣が急に溶けたり、錆びたり、虫が食ったりするかも知れない」


 聞きながら、デスマグラも私も息を呑んでいた。


 さ、さすが病的な慎重振り!! 剣に虫が食うことは絶対にないとは思うけど……とにかくナイスよっ!!


 それにしても、デスマグラは聖哉が振動波を持っていたことに喫驚しているが、私は『ひょっとしたら……』とは思っていた。


 だって天上界でセルセウス様をマウントでタコ殴りしてたもんね! やっぱりアレはイジメじゃなくて打撃の訓練だったんだ! よかった! ホントによかった! 色んな意味で!


「き、聞くに違わぬ用心深さだな!! だが、ここまでだ!! 次こそは絶対にない!! 火炎系の術者が氷結魔法を使える訳がないからな!! ……行け!! 喰らわせろっ!! ダークファイラス!!」


「えっ!」と私は驚く。口から炎を噴射すると思い、身構えていたのに、ダークファイラスは拳を振りかぶり、聖哉を襲ってきたのだ!


「デッドリーフレイムばかりを警戒していたな!! ダークファイラスの拳は超高温の凶器!! 触れただけで焼け落ちるぞ!!」

「せ、聖哉っ!?」


 既にかわせない程にダークファイラスの拳が聖哉に至近していた! だが、聖哉も同じように左拳をダークファイラスの拳に向けて放っている!


「バカめ!! ダークファイラスの拳を、人間如きの拳で防ぐ気か!? ケケケッ!! 腕ごと気化してしまえ!!」


 攻撃の為、一時的に物質化しているであろうダークファイラスの拳と、聖哉の左拳が、かち合わさった時。腹に響くような巨大な音が鳴り響き、同じく発生した衝撃波で私は一瞬、目を閉じてしまった。


 ……その後……ゆっくりと目を開き……そして、私は密着した二人の拳を見た。


 聖哉の拳は変化はなかった。逆にダークファイラスの拳から、一の腕……そして二の腕まで……ピキピキと音を立て、青く、そして透明になっていく!


 ――だ、ダークファイラスが……こ、凍っていく!?


 その変化は胸を伝わり、腹部を伝わり、やがて全身に広がった。今、ダークファイラスは赤から青へと体表色を変化させていた。


「ひ、氷結魔法だとおおおおおおお!? バカな、バカな、バカな!! そんな筈はない!! 火炎魔法と氷結魔法は対極!! 二つを同時に扱える筈がない!!」


 私も何が何だか分からない。デスマグラの言っていることは正しい。対となる属性の魔法は同時に習得出来ない。それは覆すことの出来ない魔法理論なのだ。


 ――なのに、どうして!?


 そして振り切った聖哉の腕をまじまじと眺め、私は気付く。


 その腕に今まで見たことのない腕輪がはめられている! デスマグラも気付いたらしく、声を上げた。


「ま、まさか、それは……氷属性を付与する道具なのか!?」


 氷属性付与の腕輪!! なるほど!! それなら魔法が使えなくても同等の効果を生み出すことが出来る!! だ、だけど、そんなレアなアイテム、武器屋にも道具屋にも売っていなかった筈!! 一体、何処で……!? あっ……


「合成!! 合成で作ったの!? そうなのね、聖哉!?」


 私の声に聖哉はコクリと頷いた。


「す、すごい!! で、でもそんなレアアイテム、一体どんな組み合わせで合成したのよ!?」

「『普通の腕輪』に『氷』……そして最後に『女神の縮れ毛』を入れた。そしたら、出来た」

「……え」


 驚愕の事実に私は硬直する。


 ふ、ふくざつ!! そして、超恥ずかしいっ!! で、でもいいわ!! 私の陰毛なんかで、この窮地をしのげるのならば、いくらでもくれてやるわっ!!


「ちなみにもっと色々ある」

「は……?」


 まるで手品師のように聖哉は、懐から大量の腕輪を取り出した。


「雷属性付与の腕輪、光属性付与の腕輪、闇属性付与の腕輪などなど……無論、スペアもある。全部、お前の縮れ毛を入れたら、出来た」


 いや、やっぱもうやめてくんない!? ってか、どれだけ私の部屋には陰毛が落ちているの!? 恥ずかしいを通り越して、何だかもう死にたいんだけど!?


 だが、それはまた後でゆっくり考えよう。それより、今はダークファイラスだ。


 腕輪の効力で凍ったように見えるが、別に動けなくなった訳ではないらしい。だが、ユラユラ揺れていたのが固まり、物質化している。つまり、


「いけるよ、聖哉!! 今なら物理攻撃が出来るわ!!」


 二度続いた奇跡に私は歓喜し、逆にデスマグラは恐怖していた。


「まさか、まさか、まさか!! この上、ダークファイラスの防御力を上回る攻撃力まで持っているというのか!?」


 しかし聖哉の口から出たのは意外な言葉。


「残念ながら今の俺にそこまでの攻撃力はない。通常の攻撃では傷を負わせることすら出来ないだろうな」

「ええええっ!?」


 私は一転、天国から地獄に突き落とされたような気分になり、代わってデスマグラは安堵の表情を見せる。

 

 しかし。勇者は独りごちるように淡々と喋る。


「だがそれでも問題はない。物質化し、氷属性になった敵に効果的なのは当然、炎による攻撃。だが、フェニックス・ドライブ鳳凰炎舞斬を用いてもコイツの防御を崩すのは不可能。ならば、」


 そして聖哉はバックステップし、ダークファイラスから距離を取った。


 デスマグラが危機を察知し、叫ぶ。


「ま、まずい!! 何かしようとしているぞ!! ダークファイラス!! 距離を詰めろ!! 事前に攻撃を封じるんだ!!」


 だが聖哉は既に鞘から剣を抜いている。見ると、高い攻撃力を誇るプラチナソードの白銀の刀身が、紅蓮の炎に包まれている。


 ダークファイラスがデスマグラの指示通り、聖哉との間を詰めようとしたが、


「……もう遅い」


 同時に炎の剣を大きく引いた聖哉が、ダークファイラスに突進している。


 両者がぶつかるや、凄まじい衝撃が部屋を揺らした。両腕を掲げ、聖哉を捕らえようとしたダークファイラス……だがその腕は宙で止まったまま動かない。なぜなら、ダークファイラスの胸には聖哉の剣が突き刺さっている。


「灼熱の一点集中打突……『フェニックス・スラスト鳳凰貫通撃』……!」


 途端『バギバギ』と! まるで氷を打ち砕くような音を立て、剣がダークファイラスの胸を突き抜ける! さらに打突によって出来た胸の亀裂が体中に広がってゆく! 


 聖哉が剣を鞘に仕舞った瞬間、ダークファイラスの体は炎と共に爆発を起こし、粉々に砕け散った。


「や、やった……!! 勝った……!!」


 そう呟いた私の腕を、いつの間にかマッシュが強く握りしめていた。


「な、なんだよ……! どうなってんだよ、これ……! 勝率0%じゃなかったのかよ……!  どうして……どうして……あんなバケモノに勝てるんだよ……!」


 マッシュはやはり震えていた。しかし先程までの怯えによる震えとは違う。顔に赤みが差し、片目をしっかり見開き、己を恐怖させた怪物を無傷で屠った勇者を見詰めていた。


 私も興奮し、茫然自失のデスマグラに向かって中指を立てる。


「見たかっ!! これが一億人に一人の逸材よっ!! ざまあみろっ!!」

「こんな、こ、こ、こ、こ、こ、こんな……!!」


 ガクガクと震え、後ずさるデスマグラ。


「私のことバカとか言ってたわよね!? でもバカはアンタだったわね!! 調子に乗って攻略法を教えたりするからこんなことになるのよっ!!」


 聖哉が乱れた髪を整えつつ、ボソリと呟く。


「まぁ別に教えてくれなくとも、すぐに正解には辿り着いたがな」

「うんっ! そうよねっ! 聖哉は完璧な最強勇者だもんねっ!」


 私は上機嫌でニコリと聖哉に微笑む。だが聖哉は喜怒哀楽のない表情をデスマグラに向けていた。


「では……残ったもう一匹をさっさと片付けた後、二度とダークファイラスが復活しないよう、この部屋全体を全力でもって盛大に大掃除しよう……」

「どうぞ、どうぞ! 思う存分、ごゆっくりどうぞ!」


 ……私とマッシュが拷問部屋を出た後、デスマグラの絶望に満ちた絶叫が微かに耳に聞こえていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー