鷹の余白3

 アルベルク・バーレンドットは孤児だった。

 陽の当たらぬ路地裏で育ち、小汚いボロをまとい、恵まれた人々の残飯を漁りながら命をつないでいた。ゴミが彼の寝床であった。

 理由のない暴力にさらされることは日常茶飯事で、罵詈雑言と無縁の日はない。苦労して得た食糧は油断をすれば奪われ、他人の手に食べ物があれば、いかに隙を突くかを考える。

 友好的な笑顔や、哀れな涙を信用してはいけなかった。飢餓の中、ようやく手に入れたカビまみれのパンを、そうやって近づいてきた自分よりも幼い子供にかすめ取られたからである。

 人を蹴落とし、人に蹴落とされ、陽光を遠くに見ながら底辺をうごめく――そんな虫のような生活をしていた。

 ――否、彼はまさに虫だった。

 裕福な人間達に気まぐれで踏みつぶされる、ただの虫けらである。

 虫に施しを与えようなどと考える人間がいるはずもなく、すがりついた手は虫の手足をもぎ取るがごとく振り払われ、ただただうっとうしげな一瞥が返る。

 遠いきらびやかな人々は、両手で抱えきれぬほどの多くを持っているというのに、彼には己のものと言える何かなど一つとしてなかった。

 己の身、命でさえも。

 何も持たない彼は常に飢えていた。

 その空腹の環境は、彼に満足を教えなかった。

 ――だが、彼はまた天才でもあった。

 とある魔法使いに拾われた彼は、師が嫉妬するほどの才を見せ、わずか1年で存在を疎まれるまでに成長した。

 そして彼は師を殺し、同時に師の名を利用して王宮へと入る。

 その後目覚ましい功績をあげ、あっという間に莫大な富と名誉を得た。

 社交性にも優れていた彼は、周囲の信頼もたやすく勝ち取り、特に王からはいたく寵愛された。多くの女性達と関わりを持ちはじめたのもこの頃である。

 だが、それでもなお彼は、己の手に何も見出せなかった。

 どこまでも高みを目指し、またその能力もあったため、満たされたと感じることがなかった。

 空腹は続いていたのだ。

 ――そして、ついに。

 人の身では到達できぬと絶望した彼は、禁忌の儀式を用いて人間たることを捨てた。

 誇りと未来を代償に、人では決して届かぬ魔力を得て。

 ――魔術師アルベルク・バーレンドット。

 それが、彼に関して〈鷹の目〉が視たすべてであった。



「……だからあなたは、人間のままでいるべきだったと言ったんですよ」

 クロは素早く視線を走らせた。人型の背後……池の、向こう岸へ。

「こんなことでまだ動揺できるなんてね」


 ――ズン!


 炎の人型が痙攣けいれんした。

 ちょうど腹のあたりに何かが突き出ている。眩い蒼の宝石。クロが持っていた杖である。

 彼はゆっくりと後ろを振り返る。

 そこにいたのは使い魔の犬だった。主人が落とした杖をひそかに拾って、背後へ回り、そして投げて貫いたのだ。

《私は……まだ》

 宝石が鋭く輝く。はち切れんばかりに。

「残り7割の補完ですよ。あなたのために蓄積させた100年分の魔力です。お釣りはいりませんのでご心配なく」

 引き抜こうと動く炎の腕。

 しかし、遅い。

 クロはやわらかな笑みを浮かべ、解放の呪を舌に乗せた。

「これでもう乾きを恐れることもありませんね。――

 激しい光が彼の内部で爆裂した。

 光は人型を吹き飛ばし、逃げようとうごめいた火の池の表面を走り抜ける。

 さざなみが起こったかと思うと、次の瞬間、水面は床板が剥がれるようにして引きちぎられ、無数の飛沫を上げながら蒸発しはじめた。

 抵抗した炎が再び人の形を作ったが、その右腕が瞬く間に崩れて溶ける。

 残る片腕が何かを求めるように伸び、塵一つ掴むことなく分解した。

 頭部が消える。肩が消える。胴体が消える。足が消える。花びらとなって散っていく。

 飛散したかけらはことごとく空気に食われていき――そして。

 ひらりと目の前を過ぎた最後の火の粉が、音もなく消滅した。



 杖が乾いた音を立てて落ちる。先端にはまっていた宝石は粉々に砕け、そこにぽっかりと穴が開いていた。

 クロは池だった窪みにおり、杖を拾いあげる。

「ご苦労様」

 ウメに声を掛けると、使い魔の犬はぴんと耳を立てて尾を回した。何がそんなに嬉しいのか。

「……さて」

 クロはいつものように杖を回転させようとして、ひりつくような右腕の痛みを思い出す。焼けただれた痕に顔をしかめた。

 だが、とりあえず無視をして、左手に持ち替える。

「契約は果たした。――どこに行くかな」

 北か、南か、西か、それとも東か。どこにせよ退屈はしのげるだろう。

 その時、ウメが訴えるように吠えた。

 クロは眉をひそめて黙殺する。

 穴のあいた杖でこつりと地面を打つと、考え込むように首をかしげた。

 しばらく経ってから、何か思いついた様子で瞬きをする。

「……ふむ」

 クロは己の使い魔を手招きした。呪文を唱えはじめる。

 足元に浮かび上がった魔法陣が輝き、ぱっと弾けたあと、魔女達の姿はどこにもなくなっていた。



 馴染んだはずのそこは、まるで見知らぬ部屋だった。

 開け放たれたきりの戸も。

 からっぽの野菜籠も。

 先月のまま捨て置かれたカレンダーも。

 隙間のない本棚も、湯飲みが置かれぬテーブルも。

 なにより、誰も座っていない椅子が。

 ――もう戻らない。

 その一言だけが、耳鳴りのようにユーインの頭の中を引っかいていた。

「魔女や魔術師にとって、あらゆる事象は退屈しのぎでしかない」

 呆然とする彼を、白猫は穏やかに諭した。辛抱強くと言ってもいいかもしれない。

「特にあの子にはね。――なぜあの子が面倒な依頼など受けると思う? そうやって己に義務でも課さなければ、この世はつまらなすぎるのだよ。過去も現在も、いずれ来る未来さえ、あの子には確定した出来事として視えるのだから」

 彼女は失踪した勇者の青年を捜した。魔女の呪いを解き、人ならぬものの頼みを聞き、覚えのない罪をも涼しげに流して、時には気まぐれに力を貸す。

 意味もなく、ノートの端に書きなぐる落書きのように。

「同じ場所に落書きをしていては、余白もなくなるだろう?」

 ユーインは身を強張らせた。

 冷えていく体に細い雨が絡みつく。

 真っ白な頭には何も浮かんではこなかった。明確な意志も感情もない。信じられないほど、彼の中は空虚だった。

 ただ、抑えがたい衝動に突き動かされ、口走る。

「……クロさんはどこだ」

「聞いて、どうする?」

 子供のわがままでも聞くような、温和な問いかけ。

 ひどく神経に障った。

「人の身では行けない。行けたところで君に成せることなど何もない。――鷹と約定でも結ぶかね? 200年前の王のように? 君は何を差し出せる? 落書きするに足るだけの余白を、君はあの子に与えられるというのかね?」

「クロさんはどこだ!」

 ユーインは激昂して戸を殴りつけた。

 白猫がまた目を細め――いたずらっぽく、笑った気がした。

「君の、うしろ」

「……は?」

 瞬間、雨の匂いに混じる花の香。

「――何を騒いでいるんです?」

 ユーインは弾かれたように振り返る。

 いつものローブを羽織って、いつものようにフードを深くかぶり、いつもと同じ淡白な表情で、彼女はその場に佇んでいた。

「え……」

 視線を少し下にずらせば、元気に尾を振る使い魔の姿もある。

 ユーインは混乱した。言葉も発せず、魔女と見つめ合う。

 しばらくして、ようやく出てきたのは間抜けな質問。

「な、なんで、いるの?」

「……なんでもなにも、ここは私の家なんですが」

「だって、この猫が……!」

 しかし白猫はいなかった。

 テーブルの上にも、椅子にも、ソファにも。家の中にその姿は見当たらない。

「猫? お師匠がいたんですか?」

 クロがユーインの肩越しに室内を覗いた。

「何を言われました?」

「……クロさんは、もう戻らないって」

 彼女は困ったように首をかしげた。眉間に指を当てて嘆息する。

「あまりお師匠の言動を真に受けないでください。私以上の嘘つきですよ」

「……嘘?」

「いつからここに突っ立っていたんです? 中に入っていれば良いものを。濡れて――」

 伸ばされた左手を、ユーインは思わず掴んでいた。

 黒い瞳がきょとんとして彼を見つめる。

「じゃあ……クロさん、どこかに行ったりしないの?」

「帰ってきたばかりですよ。というか中に入りませんか」

「ここに飽きて、いなくなったりしない?」

 一拍、返事に間があった。

「――『また』って、言ったでしょう?」

「へ?」

「昨日。あなたは『またね』と言って、私も同じように答えた。また、ここで。そういう意味だと思っていましたが、違いました?」

「違、わない……けど。でもそれは、いつも言ってる挨拶で――」

「契約の一種には違いないと思ったのですが。違うのならいいです」

「違いません」

 ユーインは断言した。

 そうですか、と微笑むクロ。

 ユーインは急に脱力すると、彼女の腕を持ったままずるずるとしゃがみ込んだ。

 掴んだ手はひやりとして冷たい。だが本物だ。ユーインは突然心臓が動き出したような錯覚を覚え、震える息を吐き出した。

「……血の気が失せた……」

「……あなたは相当の変人ですね」

「もう変人でも変態でも変わり者でもいいよ」

「つまり今まではまともだと思っていたんですか?」

 変わらぬその口調が、凍りついていた体をゆっくりと温めていく。

 ユーインは笑みがこぼれそうになり、うつむいた。クロの手を強く握りしめる。

 魔女は自身の手にある彼の指を、不思議そうに見つめた。

「また、明日も来るから」

「お好きに」

「そしたら、明日も『また』って言うから」

「はあ」

「その次も。その次も、クロさんに会うたび同じことを言うよ」

「……………」

 魔女は呆れたらしい。

 くすりと笑う声が聴こえた。

「……お好きにどうぞ。あなたが飽きるまでは付き合いますよ。暇ですから」

 雨まじりの涼しげな風が吹く。

 ふとユーインが見上げると、クロはなぜか、苦手なチョコレートを食べた時のような顔をしていた。

 反抗的な黒眼が睨むように風を追い、やがてぷいと横を向く。

 どうしたのかと問うと、魔女はやたらきっぱりと言った。

 余白に書く価値さえないことです、と。



 ――良い理由いいわけを思いついたね、鷹。

 穏やかな声が、秋の風に乗って過ぎ去っていった。











「鷹の余白」了

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます