鷹と魔女殺しの英雄3

 突然矛先を向けられ、占い師の少年は瞠目した。

 だが、すぐ挑むようにクロを見返すと、ふてぶてしい笑みを刻む。

「さすがは〈鷹の目〉ですね。でも、約定を無視して陛下の病をほうっておいているのは事実でしょ?」

「個人の守護までは契約外です。大体、たかが風邪になぜわざわざ私が動かなくてはならないんです」

 露骨に少年はうろたえた。

 イレミアスが怪訝そうな顔をする。

「風邪……?」

「高齢なので長引いているのでしょう。医師もそう診断しませんでした?」

「それは、周りを心配させまいと」

「……そう、あなたのご友人がおっしゃった?」

 その言葉の意味するところを察し、イレミアスは逆上して剣を振り払った。

「――私の友を、愚弄するか、魔女!」

 クロが1歩踏み出し、ふわりと髪をなびかせる。その手に杖を呼びだした。

 使い魔の仔犬がそばを離れ、ユーインの隣に座る。

「では、少し遊びましょうか、王子殿下」

「侮るか! 私は――」

「勇者だというのでしょう? けれど魔女を殺すつもりなら、せめてあと二人は連れてくるべきでしたね。第一王子自らが率いてきたわりには、量も質も足りない。あなたの私兵でしょう」

 薄青の目に動揺が走る。強く絡んだ魔女の視線が、逃さないとばかりに彼のそれを捕らえた。

「王のための魔女討伐。大義名分としては充分ですね。それなのに連れて来たのは私兵のみとは――」

〈鷹の目〉がイレミアスを追い詰める。

「独断と私情で動くなど、あまり感心しませんよ、王子様」

「……っ何を、知った風な口を……!」

 だんだんと少年らしい表情や感情があらわになってくるのを、魔女は心底楽しんでいるようだった。ユーインは顔が引きつるのを止められず、手で覆っておさえる。

 呑気なのは使い魔の仔犬だけで、無邪気にユーインを見上げながら尾をぱたぱたと振っていた。

「ウメ、おまえのご主人はひどいSだぞ」

 おまえはそのままでいような、と続けたユーインは、仔犬を抱き上げて後ずさる。

 直後、クロが最大の挑発を放った。

「箱入りの勇者様など相手にならない。……お父様の箱から出たあとでまたいらっしゃい、獅子の坊や」

「――貴様ぁっ!」

 剣と杖が同時に振りおろされる。

 すさまじい爆発が巻き起こった。



 街道を外れた森の中。道ならぬ道に分け入っていくと、やがて草木が枯れ果てた獣道に出る。色のない植物は徐々に増えはじめ、ついにはぽっかりと開けた茶色い荒れ地になった。

 草木一本生えぬ呪われた地。

 中心に小さな石碑が建っている。

 そして石碑の前には、一振りの剣。

 彼は注意深く近づき、剣に手を掛けた。ぐっと力を込めて一気に引き抜く。

 急にかかった重みを細腕では支えきれず、わずかによろめいた。どうにか体勢を立て直して、剣を眺める。

 汚れ、錆びの浮いたその姿。妙な凄みを感じて唾を飲みこむ。

 その瞬間、鋭い声が彼の耳を打った。

「――そこで何を?」

 弾かれたように振り返る。

 そこにいたのは、魔女に付き従っていた金髪の魔法使いだった。胸に使い魔の仔犬を抱いている。

「あんな戦いに巻き込まれたら大変ですから。避難ですよ」

 ラッズは笑顔を作り、慎重に答えた。

 金髪の青年も微笑みを返す。

 だが、その口から出てきたのは物騒なセリフだった。

「イレミアス王子を囮にしておいて、自分は横から鷹を刺し殺すつもりだった?」

「……まさか。僕は占い師ですよ」

「それの使用者も元々は魔法使いだろ。かの有名な〈魔女殺し〉。その力が宿るという聖なる剣でなら、占い師だろうが子供だろうが魔女を殺せる――」

 青年の人当たりのいい笑みが、すうっと消えた。

「そんな都合のいい話があれば、あんたには幸運だったんだろうけどな。言っとくけどそれ、ただの安物だよ」

「何を……」

「そのへんの武器屋に売ってる量産品。ちょっと剣を見慣れたやつが見ればすぐに分かる。適当な扱いのままほったらかしにされたせいで随分状態も悪いし。武器としてはとっくにご臨終」

 言葉そのものは茶化すように軽いが、声音は暗く、低い。

 息が詰まる感覚を受けて、ようやくラッズは気づいた。目の前の青年が怒気をまとっていることに。

「……あなたは魔女の依頼人ではありませんね。魔女の呪に囚われた人形か」

 彼は答えなかった。じたばたと暴れて降りたがる仔犬を宥めつつ、あいた方の手に杖を呼びだす。続く動作で少し片足を引き、半身に構えた。

 杖術であると理解する程度には知識があり、ラッズは警戒して距離を取る。

 魔法使いの眼光が鋭くなった。

「目的は〈鷹の目〉か」

「……それは、〈鷹の目の魔女〉が教えたんですか」

「知らないね」

 きっぱりと切り捨てられる。

 ふいに街道の方から爆音がとどろき、空気を震わせた。まだ魔女とイレミアスの攻防は続いているらしい。ラッズは焦燥感にかられる。

「適当な言いがかりをつけて彼女を殺す気だった? それとも目をえぐり取るつもりだった? ――魔女を殺せる神聖な力とやらを期待してここに来たんなら、残念だったな。〈魔女殺し〉は特殊な異能力じゃない。ましてや祝福された神力でもない。純粋な技術なんだよ。やり方を知らないやつにはできない」

「……なぜ、あなたがそんなことを。……まさか……」

 錆びついた剣が手から滑る。

 やけに安っぽく、軽々しく、鉄は地面を跳ねた。

「なんで、魔女のとりこなんかに……!」



「……おや」

 その光景を見るなり、クロは面白そうに片眉を上げた。

「足止めだけでいいですよと言ったのに」

「俺だって腹に据えかねることくらいあるんです」

 石に腰掛け、ぶすっとしながらユーインが応じる。その足元では、対照的に上機嫌な仔犬が妙な昆虫と格闘していた。

 彼らの前に転がるのは占い師の少年である。縄でぐるぐる巻きの上、封輪までつけられている。

 少年はクロが接近すると、ぎくりと身じろぎをした。

「……イレミアスは」

「五体満足で生きていますよ。全員ね」

 少年はいくらか肩の力を抜いた。

 すぐに表情を引き締め、クロを見据える。

「わざとイレミアスを挑発しましたね」

「あなたが動きやすいだろうと思いまして」

 クロは地面に放置された剣に視線を走らせ、くすりと微笑んだ。

「〈魔女殺し〉の聖なる剣は、あなたの手には余りましたか」

「……………」

 少年は悔しげに唇を噛む。

 横でユーインが半笑いをした。

「まさか〈魔女殺し〉を取りこんでいるとは思いませんでした。人の身、しかも本来なら絶対に敵うはずのない魔法使いでありながら、魔女を殺せる英雄。剣も魔法も扱う万能者を」

「俺じゃねえよ」

 間髪いれずに否定が飛ぶ。

「勝手に勘違いしたから正さなかったけど。〈魔女殺し〉は俺の師匠。俺は剣なんて使えないし、杖術も護身程度だよ」

 少年は絶句した。騙されたと悟って目尻をつり上げる。

「勘違いしたならそのままにしておけばいいものを」

「今のはクロさんに言ったの。俺は〈魔女殺し〉じゃない」

「知っていますよ。最初からね」

 含みのある視線。

 少年ははっと息を呑んだ。

「まさか、僕のことも、最初から……」

「――ええ」

 黒髪をゆっくりと耳の後ろにかけながら、クロは少年の瞳を覗きこむ。

「私の家にやってきた時、あなたは兵士達の後ろでこちらを窺っていましたね」

「……………」

「駄目ですよ、あんな物欲しそうな顔をしては。多少の肉壁など、〈鷹の目〉は越えてしまうから」

「……甘く見ていましたよ」

 かすれた声で吐き捨てる。それでも彼の視線は縫い止められたように〈鷹の目〉へ注がれたまま、より一層その熱を強めた。

 憎しみにも恋情にも似た眼差し。

 ユーインが面白くなさそうに眉をひそめる。

「すべてを見通す神の目。遥か彼方の国の状況も、一個人の思惑も、過去に起こったあらゆる事象も、まだ訪れない未来も、すべてがその目には映っているんでしょうね。口惜しいな。ずっと手に入れたくて、イレミアスまで使ったのに」

「そんなに欲しければあげますよ」

 あっさりと告げられた言葉に、少年は目を見開き、ユーインはぎょっとして腰を浮かせた。

 どうしたの、とばかりに仔犬が動きを止める。

「クロさん!」

「――ただし」

 魔女の細い指先が己のまぶたをなぞって、花びらのように少年に触れた。

「……耐えられればね」

 指が離れる。

 呆然と目を剥いた少年を残し、クロはそのまま踵を返した。主人の後を追って仔犬が駆けていく。

「ク、クロさん! いいの?」

「もう来ないと思いますよ。ほうっておけばいい」

「そうじゃなくて、〈鷹の目〉――」

「どうせすぐに拒絶します」

 その時、背後ですさまじい絶叫が響いた。

 鳥達が木々を揺らしはばたいていく。

 容量を超えた風船がはちきれたかのごとき叫びは、盛大に弾け、そして長々と尾を引いてしぼんでいった。

 一転して背筋の寒くなる静寂が満ちていく。

 クロはぱちりと瞬きをした。

「――ほらね。返ってきた」

「……何事?」

 魔女は喉の奥で笑う。

「〈鷹の目〉は、人間が扱える代物ではないんですよ」

「……………」

 すべてを見透かすような黒の瞳。ユーインの姿が映されたのはほんの一瞬だった。

 冷淡でそっけない、それは魔女の目つきだ。ついさっきまで若い王子をなぶり、占い師の少年の執着を受け止めていた硬い黒水晶。

 しかしユーインが手を伸ばすと、とたんにきょとんとした幼い表情を見せた。

 ユーインはこめかみに手を添え、親指の腹でやわらかくそのまぶたを撫でる。

「……なんです?」

「いや……なんとなく」

「あなたもこれをお求めですか?」

 冷やかしの言葉にかぶりを振って、ユーインは手を離した。

「クロさんの熱い視線なら欲しいけどね」

「熱湯でも浴びたらいかがです?」

「クロさんが浴びせてくれるなら熱湯でも罵声でもいい」

「……変態ですか」



 並んで歩きながら溜め息をつく。

 そっと――

 クロはローブの下に手を忍ばせた。

 指にはさんだ1枚のタロットカードに目を落とし、再び中へ押しこむ。

 彫像を思わせる横顔が、刹那だけ困ったように揺れた。











「鷹と魔女殺しの英雄」了

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます