鷹と魔女殺しの英雄2

 がらがらと砂利を噛む音が絶え間なく続いている。

 這いあがってくる振動は大きく、気持ち悪いほど体を揺さぶった。時おり跳ねるように浮き上がるので、そのたびに腰を打ちつけ、顔をしかめることになる。敷物でもあればまだ楽なのだろうが、残念なことに茶色い床は剥き出しだ。

 乗り心地は最悪と言えた。

「お人好しも、ここまでくるとただの変人ですね」

 冷たい金属の格子に背を預けながら、クロがそう呟いた。

 幌に覆われ、嫌がらせのごとく日光を遮った馬車の中はひどく暗い。声音だけで判断するなら、魔女は呆れ果てているようだった。

「そんな言い方しなくてもいいじゃないか」

 ユーインは拗ねたように言い返し、足を組み直す。少し体重を後ろにかければ、ひやりとした硬い感触がした。

 それは檻だ。猛獣でも閉じ込めるような。大きな扉には頑丈な南京錠まで掛けられている。

 さすがに鎖で繋がれてはいないが、罪人やモンスターでもあるまいし、いくらなんでもあんまりだとユーインは思う。

「クロさん一人を連れていかせるわけにはいかないだろ。魔法封じまでされてんのに」

「それで魔女と仲良く封輪ふうわされて連行ですか。下手をすると冒険者資格を失いますよ」

「いいよ、別に。無資格もわりといる」

 ぐしゃりと自らの金髪を乱すと、彼は溜め息をついた。

「……心配なんだよ」

 クロが鼻を鳴らす。

「魔女を心配? 人前で言わない方がいいですよ、正気を疑われる」

「国の人間全部に聞こえる声でだって言えるけど」

「私の鼓膜が死ぬのでやめてください」

 がくん、と馬車が大きく揺らいだ。田舎の道は荒い。

「……………」

 ユーインはしばらく躊躇したあと、探るようにクロを見つめた。

「あの王子様が言ってた約定って、本当なの?」

「おおむね事実です。あらゆる災いを防ぐなんて言った覚えはありませんけど」

「……クロさんが、そんな面倒な契約をするとは思わなかった」

「暇つぶしです」

 魔女はどこまでも淡々としていた。ユーインが目で問いただしても、余裕ある微笑みを崩さない。

 ――知らないことが多すぎる。

 髪を再度掻きむしって、彼は深く息を吐いた。

「でも、その約定が果たされていないって言ってたけど?」

「さてね。3年前、使退治された魔女の呪いだと言うのなら、私よりあなたの方が詳しいのでは?」

 瞬間、ユーインは身を強張らせた。が、魔女の黒い瞳にからかいしかないことに気づいて安堵する。

「どこまで俺のこと知られてるんだ……」

「あなたのことなら何でも」

「俺もクロさんのことが知りたいんだけどね?」

「女はミステリアスなままの方がお互いのためですよ」

 澄まし顔で返され、ユーインは白旗を振った。

 その時、ゆっくりと体が押し流され、かたむいていく。馬車が曲がったのだろう。

 感覚で現在位置を把握していたユーインは、不審に感じて顔をあげた。

「……変だな。王都に行くならこんなところで曲がらないはずだ」

「どうやら別の意図があるようですね」

 くす、と小さな笑いが漏れる。

 艶やかな黒瞳が、前を進んでいるもう一つの馬車を映した。



「――殿下。イレミアスってば。君、聞いてます?」

 呆れ混じりの呼びかけに、イレミアスははっと姿勢を正した。しかめっ面を作って向かいの少年に意識を戻す。

「なんだ、ラッズ」

「陛下が心配なのは分かるけど、あまり思い詰めない方がいいですよ」

「……………」

「特に今は魔女がいる。魔法を封じて閉じ込めているとはいえ、どんな手でつけこもうとするか分かりません」

「分かってる」

 むっとしたように言い捨て、イレミアスは背もたれに深く沈んだ。

 窓から外を眺めると、真面目な兵士達が馬にまたがり、周囲を警戒しているのが分かる。周囲をというよりは、後方の馬車――その中にいる魔女を、だろうが。

「だけどラッズ、これで本当に父上の病は治るんだろうな?」

「まさか僕を疑ってるんですか? 幼なじみで専属の占い師である、この僕を?」

「昔からさんざん騙されてきたからな」

 恨みがましいセリフに、占い師の少年は肩をすくめて苦笑した。

「毒には毒を。忌まわしき魔女の呪いには同様の魔女を使えばいいんですよ。心配しなくても、陛下のご病気は必ず治ります」

 やわらかな笑顔を浮かべながらも、その茶色い目はまったく笑っていなかった。

 油断のないそれが、つとイレミアスの背後に移動する。

「でも、あんなにあっさり封輪を受け入れるとは思わなかったな。〈鷹の目〉があるとはいえ、魔女が魔法を使えなければただの人間と変わらないのに。――イレミアス、鍵はちゃんと持っていますよね?」

「言われなくても」

 イレミアスは懐に手を差し入れる。

「あの封輪は、この鍵でなければ決して開かない。魔法すら弾く特殊な金属だぞ、外側からも壊すことなど不可能だ」

「……………」

 魔女の余裕の笑みが思い出される。不可能――そう断言したイレミアスでさえ、すべての不安は拭えなかった。

 その懸念を増大させるように、馬がいなないたのは次の瞬間である。

 馬車が大きく揺れ、止まる。

 緊張した面持ちでラッズが窓から頭を出した。

「どうしました?」

「申し訳ありません! 今、獣が横切りまして」

「獣……」

 ――ほっとしたのも束の間。

 兵士たちの間にざわめきが広がっていく。動揺と恐怖だ。

 焦った報告が二人に届けられた。

「で、殿下、ラッズ様! ま、魔女が……!」

 二人は顔を見合わせ、すぐさま外に飛び出した。



 クロは悠々と大地に降り立つ。

 彼女はぐるりと辺りを見回しつつ、混乱しながらも主を守るように整列した兵士達を流し見た。

 森を貫いて作られた街道に、3台の馬車が停車している。先頭はイレミアスの乗る小奇麗なもの。2台目はおそらく荷物用だろう。最後尾がクロとユーインを運んでいた牢であるようだった。

「……恐れ入るよ……」

 隣で小さく呟いたユーインに笑みを返してから、クロはフードを背へ払った。降りてきたイレミアスともう一人の少年を確認し、ゆっくりと近づいていく。

「……クロさん、大丈夫なの? イレミアス王子って確か勇者だよ。魔女の天敵だろ」

「魔法の7、8割は消されるでしょうね」

「なら――」

「百のうち二十しか届かないなら、千を撃てばいいだけのこと」

「それただの力押しだよね」

「魔女ですから」

 彼女はとことん冷めていた。

 しかし相対するイレミアスの眼差しは鋭く、熱い。

「……貴様、どうやって檻を」

 立ち並んだいくつもの目に宿る、恐れの色。それを充分に理解した上で、クロは薄く笑いながら髪をかきあげた。

「鍵を掛けただけでは魔女は飼い慣らせませんよ」

「魔法は封じられているはずだ!」

「……ああ」

 かちゃりと音が鳴る。

 魔女が持ち上げた左手の指先、そこにむなしく揺らめく金属製の輪。

 イレミアスの顔色が変わった。

「――馬鹿な!」

 閉じていなければならない両端はだらしなく開き、何の拘束力もなく魔女の指にぶらさがっていた。

「イレミアス、鍵はどうしました!」

「そんなはずはない、ここに……!」

 イレミアスは愕然として懐を探る。――鍵が取り出されたのとほぼ同時に。

 彼の目の前を小柄な影がよぎった。

 手のひらにあった重みが消えたことに気づいても、すでにそれは傍に着地した獣の口にある。

「な……」

「いらっしゃい、ウメ」

 凍りつく一同を尻目に、茶色い仔犬が魔女のもとへと駆け寄っていく。

 鍵を受け取ったクロは、主人らしい尊大な微笑を浮かべつつ、ちぎれんばかりに尾を振る己の使い魔を撫でた。

 触れる寸前、覚悟を決めるように深呼吸していたが、気づいたのはユーインだけであったろう。

 クロはローブの下から右腕を出し、手首に封輪に鍵を差し込んだ。外れた手錠が大地に落ちる。

「なんだと……?」

 地に転がったものと、魔女の左手にあるもの。困惑する視線が二つを見比べる。

「目はいいのでね」

 細い指からもう一つの封輪が滑り落ちる。かちゃん、と思いのほか軽い音がして、あっけなく砕け散った。

「見せかけだけはそっくりの偽物を作るくらい、簡単なんですよ」

 魔法が剥がれていく。

 金属製の腕輪だったそれは、ただの磁器へと姿を戻した。ティーバッグを探すふりをして、変化させた湯飲みをこっそりしまい込んでいたのだろう。

 鍵がクロからユーインへと手渡される。ついでとばかりに魔女が手の中からこぼしたヘアピンが、役目を終えて足元に落下した。

「一体いくつ隠し芸持ってんだか……」

 まがりくねったヘアピン。彼女は計り知れない。ユーインは嘆息して自分の封輪を外した。

「約定を本気で破る気か!」

 激昂したイレミアスが剣を抜き放つ。兵士達もそれにならった。

 クロはゆったりと視線で彼らをなぞり、顎をそらして嘲笑する。

「王都へ行かぬまま、どのように約定を果たせと仰せです?」

「……っ」

「そういえばこの辺りですね。くだんの魔女が退治されたのは」

「……………」

「ご存じない? ――〈魔女殺し〉が使用した神聖な剣が石碑に突き立っていますよ。その下には、魔女の骨もね」

 イレミアスは唇を噛み、目をそむけた。

「一度ご覧になってはいかがです? 嫌味なくらい完璧に清められています。魔力などかけらも残ってはいない。呪いの源にはなりません」

「何を……その魔女の呪いだということは分かっているんだ」

「だから、同等の魔女を捧げて相殺せよとでも言いました? あなたの隣にいるご友人が?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます