鷹と真夜中の猫2

 ――みゃー。


「……………」

 それは、猫だった。

 猫に似たものではなく、猫っぽいものでもなく、見るからに猫だった。

 まごうことなき猫だった。

 しかもまだ仔猫である。

「……えーと」

 数秒間、その仔猫と見つめ合ったユーインは、困惑してクロに説明を求めた。

 しかし、彼女は魂を抜かれたように、仔猫を見据えたまま微動だにしない。仔猫がさらに接近してくると、よろめきながら距離を取った。

「……クロさん、もしかして、猫も駄目なの?」

「――私は」

 声だけは冷静だった。

「元々、駄目なのは犬じゃありません」

「あ、駄目だってのは認めるんだ」

「子供がなんです」

 彼女はわざわざ言いかえた。

「なぜこんなに近づくまで気づかなかっ……」

 気配が増える。

 ランプを動かして確認すれば、結構な数の猫が――成猫も仔猫も――たむろしていた。どうやら集団で住みついているらしい。

 クロはとうとう絶句して、しがみつくようにユーインのマントを掴んだ。

「……大丈夫?」

 恐怖のハードルが一気にさがったなぁ、とユーインは心の中だけで呟く。

「……ります」

 かすれた声がクロの口から漏れた。

「え? 何?」

「帰ります」

 言うなり彼女は踵を返す。

 ユーインは慌てて引き止めた。

「ま、待って待って! 依頼品はここにあるんじゃないの?」

「知りません。帰ります」

「待ってって! い、一応依頼なんだしさ――あの子もすごく切羽詰まってたみたいだし、せめてもうちょっと――」

「依頼なんてどうでもいいです」

 クロは言い切った。ユーインに腕を取られたまま、かたくなに出口の方を向き、逃げだそうとする。

「クロさん、落ち着いて。ただの猫だろ? 別に襲ってきやしねえよ」

「動くじゃないですか」

 大真面目に魔女は言った。

「いや……そりゃ、まあ、生きてるからね?」

「鳴きますし」

「……鳴くね」

「あの小さい生物にすり寄ってこられたら、私はどうすればいいんですか」

「……………」

「あなたはどう責任が取れるんです」

 いよいよ訳が分からなくなって、ユーインは黙り込んだ。

 その時、みゃあーと猫の鳴き声が響き、クロはびくりと身を震わせる。

 今のは仔猫のそばに寄ってきた成猫が発したものだが、それさえも判断がつかなくなっているのか、あるいはやはり猫そのものが苦手なのか。

「そんなに怖がらなくても大丈夫だってば」

「怖がっていません」

 まだ反論する余裕はあるらしかった。

「真っ青だよ。なにその可愛い嘘」

「暗がりだと魔女の皮膚は青ざめるんです」

「そんなカエルみたいな特技があるとは知らなかった」

「昔から魔女とカエルの間には浅からぬ縁がありますので」

 言ってそそくさと去っていこうとする魔女の腕を、ユーインはしっかりと捕らえた。

「怖くないなら大丈夫だろ?」

「嫌です。嫌いだから嫌なんです。これ以上ここにいたら私は死にます」

「死!?」

 クロが上目遣いにユーインを見た。

 うるんだ黒瞳。果たして演技なのか、本気なのか。判断が難しい。

「……そんな目で見つめられると、俺の方が死にそう」

「離してください」

「いや、駄目だって。あの子も待ってるんだからさ。あんな儚そうな子が、必死になって頼みにきたんだし――」

 クロはぱちりと瞬きをした。

 多少は平静を取り戻したらしく、きょとんとした表情でユーインを見返す。

「……気づいていなかったんですか?」

「何を?」

「……、いえ」

 軽く頭を振り、クロは深く嘆息した。ユーインの腕を振りほどき、いつもの理性的な目で猫の群れを観察する。

 しかし、くんと服が引っ張られてユーインが視線を落とすと、無意識なのか、クロはまた彼のマントを握りしめていた。冷静なのは表面だけだ。ユーインは何とも言えぬ微妙な表情になる。

「きっと俺はカーテン」

「はい?」

「いえ、カーテンはいつヒトに昇格できるのだろうかと」

「600年くらい魔力を浴びていれば、人の姿にもなれるんじゃないですか?」

「6日にまからねえかな」

「あなたは時々意味が分かりません」

 疲れたように額をおさえ、クロは深呼吸して足を踏み出した。

 ゆっくりと。慎重に。こちらを遠巻きにうかがう獣たちを、刺激しないように。

 動作の一つ一つに神経を遣っている事が後姿からも分かり、ユーインは苦笑するしかなかった。



 当然のことながら、猫たちは特に威嚇したり襲ってきたりすることもなく、墓場の探索は順調に進められた。

 徐々に数を増す猫のせいで、クロに余裕がなくなりつつあることを除けば。

「一体何匹いるんだ?」

 数十どころではない。下手をすれば百近く。異様な光景だった。誰かが餌付けをしていたにしても、多すぎる。

「……………」

 クロはさきほどから無言だった。ユーインの声が聞こえていないのか、それとも聞こえていて反応しないだけなのか、ただ前方を見据えて歩くのみである。

 不安になってユーインは尋ねた。

「クロさん、鈴のある場所……視えてるんだよね?」

「……………」

 わずかに睫毛が揺れた。

 まぶたが伏せられ、うつむいた顔とともにもう一度上げられる。

 はっきりと魔女は答えた。

「いいえ」

「……へ?」

「視えません。何も」

 不可解そうに眉を顰めるユーイン。

「それは、どういう理由で?」

「私が視たくないからです」

「クロさんっ!?」

「それに、ここは多分誰かの――」

 言いかけた時、二人は暗闇に淡く光る円を発見した。

 地面に描かれた青い刻印が、いざなうようにゆらめいている。

「魔法?」

 ユーインはランプで辺りを探った。ささやかな明かりで照らせるのは、近くの墓石とその陣のみで、猫も人も姿はない。

「でもこれ、初めて見……」

 警戒して距離を保ちながらも、1歩、ユーインが踏みだした瞬間。

「――囮です!」

 彼の足元から、別の白い光が立ちのぼった。青い円をよく確認するには必要な、だが充分な隔たりのある位置で、隠されていた魔法が発動する。

「やべっ……」

 まさしく刹那。

 陣から伸びた幾条もの白い光の帯が、ユーインの体に絡みついてあっという間に中へ引きずり込む。そして弾けるようにぱっと輝き、消えた。彼もろとも。

「……迂闊な」

 クロは注意深く近寄ると、白い魔法陣の残滓ざんしを指でなぞった。

 はらはらと消えつつあった残像は本体を呼び戻し、魔法が再起動を始める。

「とはいえこれは、気づけと言う方が酷か。――どうやら相手が悪すぎるようです」

 げんなりした様子で呟くと、クロは自ら白い陣へ飛び込んだ。



 浮遊感はほんの数秒で終わった。こつ、とつま先が底につく。逆さにひるがえったローブが空気をはらんで広がり、ゆっくりと重力に従って落ちていった。

 クロは首をめぐらせ周囲を調べる。どうやら猫はいない。

 王宮の広間のような部屋だった。ただし調度品やきらびやかな装飾はほとんどない。壁に備え付けられた蝋燭ろうそくと、天井に一つだけあるシャンデリアのみが光源であり、飾りだった。

 明かりの乏しい中、クロはまっすぐ広間を通り抜け、奥へと続く通路を進んだ。

 靴音が大きく反響する。

 進むにつれ、だんだんと歩みが遅くなっていた。

 だが、ついに足が停止してしまう前に、終着点までたどりつく。

 さきほどと同じような広間。ただし中央には祭壇のような段差があり、石でできた小さめの寝台が置かれていた。

 そして、寝台の上にはさらに小さな白い影。

「……………」

 クロが眉間にしわを寄せて睨むと、それはむくりと起き上がって蒼い瞳を開いた。

 三角形の耳が動く。長い尾はゆったりと揺れたあと、前肢の前で落ち着いた。

 丸い目がクロを見つめる。

「――やあ。久しぶりだね、クロウディア」

 白い猫は男性の低い声でそう言うと、楽しそうに目を細めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます