第8章

鷹と真夜中の猫1

「……母の形見を、失くしてしまったのです」

 消え入るような声で、依頼人は告げた。

 年の頃は10代半ば。やわらかそうな焦げ茶の髪は乱れ、丸い黄色の瞳には怯えと焦りがにじんでいる。おどおどとうつむき、膝の上に置いた手をずっといじくっていた。

「形見?」

 いつも通り淡白に尋ねながら、魔女は音もなく茶をすする。

 彼女の斜め後ろでは、少女に席を譲った魔法使いの青年が、本に目を落としながらも耳をかたむけていた。

「小さな、鈴です……あの、二つの鈴が繋がっていて、紐で通してあるんです。生前、母からもらったお守りで――もう、ずいぶん捜しまわりましたが、どうしても見つからないんです……」

 涙を必死にこらえながら、少女はきつく拳を握り締める。震えた肩がひどく弱々しい。

「どこで失くしたか、お心当たりは?」

「た、多分……村の、墓場で」

「墓場?」

「はい……あの、肝試しを……やったんです。その時に、白い影を見て……恐ろしくなって、帰ったときには、もうなくなっていて……」

「なるほど」

 魔女は言葉を吟味するように宙を見上げる。

 その時、とたとたと軽い足音が近づいてきて、魔女の足元で止まった。魔女の視線が床に落ちる。直後、彼女は弾かれたように椅子から立ち上がり、そして背後の戸棚に背をぶつけた。

「…………?」

 依頼人の少女が不思議そうに魔女を見つめる。

「……お気になさらず」

 魔女は変わらぬ無表情でそう告げると、足元を睨みつけた。すると、しょぼくれて尾をさげた仔犬がテーブルの下から姿を現し、開けっぱなしのドアから外へと出ていく。

 金髪の青年が後ろを向き、体を震わせて笑いをこらえていた。

「あ、あの……! お願いします、とても大切なものなんです……! 〈鷹の目の魔女〉さまなら、どんな失せ物でも見つけられると聞いて……お金は、お金は支払えませんが、それ以外ならどんなことでもします! ですから……!」

 刺すような視線を青年へと放ってから、魔女は席に戻った。か細くも懸命な訴えにしばし考え込む。

 少女はもはや恐怖など捨て去り、身を乗り出して懇願した。

「お願いします……! あれがないと、私、私……もう、家に帰れません……」

「……………」

 少女のいじらしい様子に、心を動かされたのは青年の方だったらしい。彼は魔女を見やって少女を援護した。

 二人分の視線を受けて、魔女はやれやれと溜め息をつく。

「トマトを4個、用意できますか?」

「えっ? は、はい」

「ではそれが対価です。明日、また同じ時間にここへ来てください」

 思いもよらぬ要求に、少女は目をぱちくりさせた。おそらくはもっと高価な物や重い代償を覚悟していたのだろう。

 やりとりを眺めていた魔法使いが笑いをかみ殺すと、魔女は首だけを回して再度彼を睨んだ。



 夏の夜は、空気が肌に絡みつく。

 日射しがないだけマシだが、ねばつくような風がゆるりと外套をあおっても、まったく心地良くはならない。熱が沈殿しているようだった。

 ぱたぱたと襟元で風を作りつつ、ユーインは墓場に足を踏み入れる。

「なんでわざわざ夜なの?」

 ランプを掲げながら、尋ねた。

 時刻は深夜。目を凝らして辺りを見回しても、明かりの外側は真っ暗闇だ。

「昼間は彼女がさんざん捜したのでしょう?」

 隣を歩くクロが答える。

「まさか幽霊が持っていったとでも?」

「さて」

 墓地にひとけはない。

 よどみ、凪いだ空間には物音の揺らぎもない。あるとすればふたり分の足音と、ひそやかな呼吸の音。

 点々と並んだ墓石は不気味な沈黙を返すのみで、ささやかなはずの葉擦れさえ、破裂するように大きく響いている。ランプが照らしだす影はうごめく闇にも見え、ただの石ころが作ったそれですら、一瞬なにか不気味なもののように思えた。

「……………」

 ――ちょっとくらい怖がってくれてもバチは当たらない。ユーインは思った。

 しかし明かりの中に浮かぶ魔女の表情は、いつも通り澄ましていて、一切の恐れというものが感じられない。

「クロさん。もっとこう、怖がってしがみついてもいいよ?」

「結構です。闇は恐怖の対象ではありません」

「恐怖のハードルをもっとさげようよ。こういう場合、女の子が震えながら男に抱きつくもんでしょ?」

「言っておきますが、それ九割の女は演技ですよ」

「演技でもいいんだよ!」

 力説するが、クロは無表情のまま無視をした。

 ユーインは残念そうに溜め息をつき、さっさと話題を切り替える。

「ずっと思ってたんだけど、クロさん、いつもそんなローブ着てて暑くないの?」

「生地は薄いですよ」

「でも足首くらいまであるし。しかも下にもう一枚着てるでしょ。いつも暑そうに見えるんだよな」

「下は袖なしのワンピースですから、それほどは」

 ユーインはぴたりと足を止めた。クロが怪訝そうに振り返る。

「袖なし?」

「ええ」

「ものすごく見たい」

「変態ですかあなたは」

 冷たく言い捨てて先へ進むクロ。

 ユーインが追いかけて隣に並んだ。

「ローブも脱いだ方が涼しいと思うんだ。ほら、熱中症って怖いし」

「ご心配なく。夜の屋外で熱中症なんて滅多になりません」

「その油断が危ないんだよ」

「もし倒れても――」

 ふいに彼女は艶めいた眼差しをユーインに送った。

 ぎくりとして身を強張らせる彼に、魔女は顔を近づけて微笑みかける。頼りないランプの明かりの下、長い睫毛の作った影が異様な色香を放った。

「あなたは介抱してくれないのですか?」

「そ、そんなことないけど……」

 とっさに答えてから、ユーインはミスに気づいて口をつぐむ。

 クロは勝者の笑みを浮かべると、背を向けてまた歩きはじめた。

「安心して着ていられます」

「……………」

 ユーインは諦めて彼女の後を追う。横目で見た魔女には、すでにさきほどまでの色っぽさなど微塵も残っていなかった。

「つれないところも可愛いけどさ……」

「――妙な気配がしますね」

「わりと本気で言ったのに聞き流された」

 クロはユーインを無視して周辺をうかがった。警戒し、闇の向こうを凝視する。

 隙のないその瞳が、なにかを捉えた瞬間、愕然と見開かれた。

「クロさん?」

 クロは1歩退きながら、杖を召喚した。珍しく焦りに満ちた声を上げる。

「今すぐここを出っ……!」

 言葉は最後まで紡がれなかった。

 ――ランプの光が届かぬ、輪の外側。

 灯った一対の眼光は、幼子のような無邪気さを宿して二人を見ていた。

 いつからそこにいたのか。

 それはゆっくりと近づいてくる。足音は聞こえない。それなのに確実に近づいている。

「クロさん、さがって」

 凍りついた彼女を庇って前へ出ると、ユーインは小さく呪文を唱えはじめた。

 相手はまだ暗闇にまぎれている。姿形は確認できないが、目の位置から考えると大きさは猫程度だろう。

 見上げてくる金の瞳には、威嚇の色も怒りの表情もない。ただただ無垢だった。あまりにも場違いな雰囲気にぞっとする。

 ユーインははやる気を落ち着かせ、間近にまで迫ったそいつにランプを向けた――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます