余談

おまけ。その後のクレア











「何を企んでるの!?」

 魔女の家に飛び込んできたのは、ひとりの少女だった。

 突然決めつけられ、魔女は目を丸くする。膝の上に本を置いた姿勢のまま、可愛らしく小首をかしげて闖入者に問いかけた。

「なんのことでしょう?」

「しらばっくれないで! ユーインをたらしこんで、一体何をするつもりなの?」

「ク、クレア!」

 あとから入ってきた若き勇者がクレアを制する。

 だが、彼女は構わず魔女を睨みつけた。

「あのバカがここに通ってるってことは知ってるのよ! 魅了の魔法でもかけたんでしょ!」

「ひどい言いがかりです」

 余裕の微笑みを返す魔女。

「勝手に魅了されたのは彼の方ですよ」

「ぬ……ぬけぬけと!」

 クレアは拳を震わせた。

 強気を装った瞳が怯えていることに、魔女は気づいていたが、知らぬふりをして本のページをめくる。

 その態度がまた怒りを煽ったようで、クレアは怒声を弾けさせた。

「どうせ、ユーインからイルフェード様の情報を聞き出そうって魂胆でしょ! 勇者は魔女の天敵だから!」

「勇者様の、ね……」

 優雅に笑って、魔女はイルフェードを一瞥する。

 若き勇者は、成り行きをハラハラと見守りながらも、いつでも腰の剣を抜けるよう緊張していた。

「私から勇者様の話を出したことはありませんよ」

「なにをっ……」

 クレアの反論を、魔女は視線だけで抑え込んだ。

 細められた黒眼が、濡れたような艶を帯び、戦慄さえ覚えるほどの不気味な色気を漂わせる。

 二人が完全に凍りついたのを確認してから、魔女は甘く囁いた。

「ベッドの上で他の男の話なんて、無粋でしょう?」

 クレアは絶句し――そして瞬く間に顔を赤く染め上げた。呼吸困難にでも陥ったように口をぱくぱくと動かし、泣きそうな表情で肩を震わせる。

「ふっ……」

 潤んだ瞳から涙が溢れる前に。イルフェードが声を掛ける前に。

「不潔よ――っ!」

 絶叫すると、すさまじい勢いで駆け去っていった。

 イルフェードはあとを追いかけたが、魔女がくっと声を漏らし、体を折って、どうやら爆笑しているらしいと知ると、ひとまず足を止める。

「……すみません、魔女殿。彼女はこう――あの通り、少し感情的なところがあって」

「可愛らしいことですね」

「ああいう冗談は通じないんです」

「冗談とは言っていませんけど?」

「……え?」

 イルフェードの顔が凝固する。

 その素直な反応に魔女は大層満足したらしく、小鳥のように笑って、冗談です、と返した。

 若き勇者は頬を引きつらせる。

「――それで」

 魔女は静かに本を閉じた。

「相棒をそそのかす魔女を、あなたはどうします?」

「……どうも」

 イルフェードが苦笑してかぶりを振る。剣の柄に触れ、そしてすぐに離した。

「あいつは、魔女の呪に捕らわれるような奴じゃありませんよ。そうでなきゃ、この剣はとっくにあなたに向いてる」

「これはこれは」

 細い指先を唇に寄せ、鷹と呼ばれる魔女はおかしそうに目を細めた。

「では、精々爪を隠しておくとしましょうか」

 少なくとも、ウサギに飽きない間はね――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます