余談

おまけ。ウメを連れ帰ったその後











「……何やってるの? クロさん」

 戸口で立ち尽くしたまま、ユーインが問いかけた。

 魔女は睨みあいの最中だった。手のひらに小さめの皿を乗せ、2メートルは離れているであろう仔犬を警戒して佇んでいる。

 一方、仔犬は無邪気に尾を振って主人を見上げていた。

「ご飯を。犬に」

 かたい声音で答えてから、クロはゆっくりと身を屈めて皿を床に置く。そして慎重に後退していき、いつもの椅子に腰掛けた。

 待ってましたとばかりに仔犬が皿へ飛びつく。

 ――毎回これやってんのか。

 ユーインは苦笑しつつ、クロの向かい側に腰をおろした。

 が、使い魔の仔犬がエサを食べるでもなく、皿の前でうろつきだしたので、不思議に思って覗きこむ。と――

「……クロさん」

「なんです?」

 魔女はもはや完全に無関心を装って読書を始めていた。

「一応聞くけど、何をあげたの?」

「野菜炒めです」

「上に乗っかってる赤いやつは?」

「とうがらしです」

「……………」

 ユーインは仔犬を見て、とうがらし入りの野菜炒めを見て、それからまたクロに視線を戻した。

「あの犬、ちゃんとあれ食べてるの?」

「あげているんですが、食べませんね」

「食べない理由があるということに気づこうよ」

「食べないからといって安易にエサを変えるのはよくないと、本で」

「その本には、とうがらしはダメって書いてなかったの?」

 クロは顔を上げた。容貌に似合わぬ幼い表情で、ぱちぱちと瞬きをする。

「とうがらしは駄目なんですか?」

「駄目だよ。なんで大丈夫だと思ったのか聞きたいよ」

「ちゃんと量は減らしたんですが」

「量の問題じゃないし全然減らしたようには見えない」

 なるほど、と相槌を打ったクロは、しごく真面目に言った。

「わさび派ですか?」

「……とりあえず刺激物から離れようか」

「え?」

「なにその予想外ですみたいな反応」

 ユーインは脱力して頭を抱えた。使い魔の仔犬はすでに与えられたエサには見向きもせず、訴えるような視線をユーインに注いでいる。

「……まさか、今までずっと何も食べてないの?」

「いいえ。自分一人で森の奥へ入って、何か食べてきているようです」

「仔犬なのにそんなサバイバル……」

「犬はわりと何でも食べる印象があったので、とうがらしも平気だろうと思ったんですが……それなら何を食べるんです?」

 そもそも辛く味付けしようとする考えを改めてほしい、とユーインは思った。だが言っても無駄だということは分かっていたので、溜め息をついて立ち上がる。

「分かった、俺が買ってくるよ。ちょっと大きな町に行けばドッグフードがあるだろうから」

「ドッグフード? 犬専用のご飯? そんなのがあるんですか?」

「うん。最近出はじめたんだよ。今度からそれをあげて」

「それだけあげていればいいんですか?」

「そう。

 念を押した。

 察しの良い魔女は自分が責められていることをすぐ理解し、反抗的にユーインを睨んだが、当事者である仔犬が用意したエサに一切の注意も向けないので、さすがに黙ってうなずいたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます