鷹と赤い獣3

「確か村人が一人犠牲になってるんだよな?」

 クロのあとに続きながら、ユーインが相方に尋ねると、イルフェードは神妙な面持ちでうなずいた。

「ああ。モンスターが住みついたと知らずにここに入ったらしい。それで、帰ってこない彼を心配して何人かが確かめに行って発覚したって」

「一人で?」

 振り返りもせずクロが問う。

「いえ、確か犬を1頭連れていったと」

 自然と、3人の視線が横をばたばた歩く仔犬に向けられる。仔犬は偶然目が合ったイルフェードに近づくと足元にじゃれついた。

「犬……ね」

「クロさん、何だってわざわざ? こいつに火傷を負わせた奴を訪ねてきたって言ったけど、どういうことだ?」

「普通の焼け跡ではありませんでしたので。単なる興味です」

「普通じゃ、ない?」

 聞き返したのはイルフェードである。仔犬を蹴飛ばさぬよう、慎重に足を進めている。

「普通に火を押し付けただけではああなりません。焼きごてにしては形がない。なのに必要な部分だけを正確に焼いています」

「……魔法か?」

「ただの魔法でも難しいでしょうね。――火自身が、意志をもって成そうとしない限りは」

 縁のない会話に勇者はきょとんとしたが、魔法使いはすぐに理解したらしい。まさか、と顔色を変える。

 そのとき、ぴくっと仔犬が鼻を上げた。まとわりついていたイルフェードから離れ、ユーインとクロを追い抜き、あっという間に奥へ。

「あっ」

「こら、危ないぞ!」

 仔犬を追いかけたイルフェードが先に気ついた。

「……この人だね」

 悲しげに鼻を鳴らし、うろつき回る仔犬のそばには、ひとりと1頭の遺体があった。粗末な身なりの男は火の消えた松明を握って絶命しており、少し離れたところでは、仔犬によく似た茶色い毛の犬が倒れている。

 僧侶がいないため、ひとまずユーインが祈りを捧げた。

「おまえの親か? 可哀相になぁ」

「村の人に報告して弔ってもらおう。もうモンスターの気配はしないから、呼びに行ってくるよ」

 言うなり、情に厚い勇者は踵を返した。青いマントをゆらめかせ走っていく。

 クロは見送ることもせず、遺体の前に膝をついた。遺体の腕の先――消えた松明に手を伸ばす。仔犬が近寄ってきて腰を浮かしかけるが、耐えたようだ。

「……クロさん、犬連れてきて平気なの?」

「何か問題が?」

「いや、クロさんが。苦手なんだろ?」

「……嫌いなだけだと言ったはずです」

「――嫌いでも。そばに寄られるのも嫌なら置いてくれば良かったのに」

 ユーインが抱き上げると、仔犬はじたばたと暴れて彼の指を噛んだ。

「証拠はあった方がいいでしょう。姿を現させるには」

「……って、なんの?」

 ふわっと熱い風が起こった。クロの指先が線を引くと、松明に火が蘇り、熱風とともに人影が現れる。

 炎で作られた肉体とドレス。すべてが猛々しい火でありながら、なめらかな曲線を描く輪郭は女性のものだ。

「〈真紅の貴婦人〉か!?」

 熱さのあまりユーインはわずかに退いたが、クロは間近にいながらも微動だにしない。ただ静かな瞳で彼女を見上げた。

「――火が消えていたので無理かと思いましたが」

 風で煽られた黒髪を払う。

「残っていて幸いです、火の精霊よ」

「……その仔は……その仔は、まだ、無事だったのね」

 抑揚のない声。クロにも似ているが、それ以上に無機質だ。喜んでいるのか嘆いているのかすら判断がつかない。

「この仔犬の傷を焼いて塞いだのはあなたですね? 火の貴婦人」

「や、焼いて塞いだ?」

「火傷のほかに、噛み跡がありましたよ。その出血をおさえるために焼いたのでしょう」

 無茶な、とユーインは顔を引きつらせた。

「無茶……ええ、でも、血が流れていたから。血を止めないと死んでしまうと思ったの」

「ここに住みついたモンスターに?」

「ええ」

〈真紅の貴婦人〉はゆっくりとクロに向き直る。

「けれど、やはりこのままでは死んでしまう」

「……………」

「治療はされたみたいだぜ? 治ってきてるけど」

 ユーインが傷を確かめる。誰かに回復魔法でもかけてもらったのか、自然に治癒する程度には傷は塞がりつつある。

「怪我は、治るわ」

「クリムゾンファングの魔力は毒に近い性質があるんですよ」

「……初耳だぞ?」

「人間には特に害は出ませんからね。耐性が強いんです。でも小動物や幼獣だと、唾液に含まれた魔力が傷口から入って、体内を蝕むんですよ。イヌ科のモンスターは大抵そうですね」

 そもそも小動物や幼獣ならば、まず間違いなく失血死する方が早いだろうが。

「入りこんだ魔力は内臓部分に溜まるので、胡散臭い薬の材料として取引される場合もあるようです」

「それって効果あるの?」

「いいえ。愚か者の気休めです」

 効能が確かなら、そういったモンスターはとうに狩り尽くされている。

「幼い獣は、侵入した魔力に耐えきれないわ。持て余してしまうの。成長しきる前に死んでしまう」

 クロは苦虫を噛み潰したような顔をした。仔犬に同情したというよりは、不快の色の方が濃い。

 その理由はすぐに判明した。

「――名のある魔女とお見受けするわ」

「……気のせいじゃないですか」

「その仔を助けてほしいの」

 勘弁してくれとばかりに額をおさえるクロ。

「あなたがこの仔と主従の契約を結んでくれれば、本来この仔が負うはずの魔力はすべてあなたに流れる。……助けてほしいの」

「……………」

 ちらりとクロの半眼がユーインに向けられた。意味を即座に察したユーインは、片手を上げてかぶりを振る。

「冒険者が仔犬なんて連れ歩けねえよ」

「私だって連れ歩けません。まっぴらごめんです」

「犬怖いし?」

「――その舌、ちょっと休ませましょうか」

「すみません調子に乗りました」

 珍しく呪い殺しそうなほどの剣幕で睨んできたクロに、ユーインは可笑しいような恐ろしいような、複雑な気分になった。だがここで苦笑いなどしようものなら、たちまち火あぶりにでもされかねない。冷や汗を流しながら無表情を貫く。

 魔女はすみやかに冷静さを取り戻すと、眉間のしわはそのままで、火の精霊に問いかけた。

「……なぜそこまでして、こんな仔犬1匹を助けたいのです?」

「――特に、意味があるわけでは」

〈真紅の貴婦人〉はわずかに困ったような気配を見せる。

「ただ、わたくしは見ていたの。その仔の親犬は、主とその仔を護るために、果敢にもモンスターに立ち向かっていったわ。わたくしはずっと松明で見ていたの。松明の火が消えても、こうして思念として残った。――何か、わたくしの行動には意味があるのかしら?」

「……それは私には分かりかねます」

 そっと息を吐いてクロは答えた。

「あなたが何を思って行動したかなど、あなたにしか分かりませんよ。それが意志というものでしょう」

「そう、なの……」

 ――わんっ。

 ユーインの腕の中で仔犬が訴えた。いい加減飽きてきたらしい。

 クロは一度出口の方を見やると視線を戻した。

「……時間切れですね。村の人間が向かってきています」

「クロさん――」

「……………」

 彼女は苦渋に満ちた表情で仔犬に体を向けた。いったんまぶたを伏せて深呼吸し、目を開けた瞬間思いきり視線をそらす。細い指先が仔犬に伸びたが、いまだ迷いがありありと感じ取れた。触れる直前でぴたりと止まってしまう。

 不思議そうに瞬くユーインを、黒眼が凄むように見上げた。

「動かしたら、あなたを動けなくしますよ」

「――はいはい」

 苦笑を漏らすユーイン。

 そしてようやく、クロの指が仔犬の額に到達した。

「……私のしもべ、おまえに名を与えましょう」

 一拍、間が空く。

「……えぇと」

「まさか『犬』なんて名前にはしないよな?」

「……、ではおまえの名はウメです。おまえがこれから負うすべての痛みは私が引き受けましょう。――代わりに

 ありふれた契約の言葉。

 なぜかユーインは、ぞくりと全身の毛を逆さに撫でられたような錯覚に襲われた。近かったために魔法の余波を受けたのかも知れない。

「……とうがらし梅茶?」

 唾を呑み込んで何とかそれだけ尋ねると、クロは不本意そうに眉根を寄せる。

「名前だけでも愛着が沸くかも知れません」

 とてもそうは思えない口調であった。

 クロがこれでいいだろうと言うように一瞥すると、〈真紅の貴婦人〉は初めてふわりと微笑んだ。

「感謝するわ……」

「あなたへの敬意を表したまでです、火の精霊。二度はありません」

「奇妙な言葉だわ。わたくしの身はとうに朽ちている。あなたの魔法が消えれば、二度と現れることはないもの」

「……………」

 温かな風が吹き、火の精霊の輪郭がかすれていく。その溶ける姿を終わりまで見届けることなく、クロはまるで拗ねるように背を向けた。



「――クロさん、俺は重大な事実に気づいてしまった」

「なんです」

 振り返りもしないクロに切り出すと、彼女はそのままさっさと歩きだした。ユーインが抱く仔犬を直視したくないらしい。

「クロさんって、俺の名前一度も呼んだことないよな」

「そうでしたか?」

「そうです」

 ふうん、と興味のなさそうな声。ユーインはめげずに言いつのった。

「ちょっと呼んでみてくれない?」

「なぜ無意味に……呼ばなくても通じているのだからいいでしょう」

「でもイルじゃねえけど、名前って重要だろ。こいつに名前をつけて使い魔にしたみたいにさ。名前を呼ぶってことは相手を認めるってことだ」

「私は魔女ですから」

 面倒そうに彼女は応対する。

「私が迂闊に名を呼べば、あなたは支配されてしまいますよ」

「じゃあ周到に呼んでくれ」

「……………」

 魔女は一瞬だけ呆れの眼差しを送った。小さな溜め息が漏れる。

 しかし結局、陽光が降り注ぐ出口まで来ても彼女は返答しなかった。どうやら要望は却下されたようである。

 ユーインが諦めた刹那。

 おもむろにクロは振り返った。

 長い黒髪がゆっくりと肩から背中へ落ちていく。黒水晶の瞳が明確にユーインを映した。

 吸い込まれるような眩暈。

「――ユーイン」

 聞きなれた単語の、だが間違いなく初めて聞く声の響きに、ユーインはさきほどの総毛立つ感覚を再び味わった。一気に体温が上がる。

「……ほらね」

 クロはゆるりと視線をそらした。

「支配されたじゃないですか」

「いや、ち、違――い、いまのってそうなの? じゅなの?」

「ああ、村の人間が着くようですね。私はこれで失礼しますよ。……ウメ、不本意ですがいらっしゃい」

 呼ばれて、仔犬は無様にユーインの腕から落ちた。下は痛そうな岩だったが、特に衝突音もなく、ころんと転がった仔犬は元気に主のもとへ駆けていく。

「ちょ、ちょっと待った! 今のって魔女の呪なのか? そ、それだけ? それだけなの? クロさ――」

 召喚した杖をくるりと回すと、魔女は答えの代わりに移動の呪文を唱えた。そしてユーインが止める間もなく姿を消してしまう。

「……………」

 ひんやりした空気。曖昧なまま残された熱。行き場のない問いを風が連れ去っていく。

 ――きっとこれは八つ当たりだ。

 自分の名を呼ぶ相方の声を遠くで聞きながら、ユーインは後悔した。











「鷹と赤い獣」了

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます