鷹と妖かしの刀3

 彼はご機嫌だった。

 久しぶりに戒めから解放され、欲望のままに力を振るうことができる。窮屈な支配はなく、意志を抑圧されることもなく、自由に斬り裂ける。

 人間であれば鼻唄まじりにスキップでもしていただろう。

 とはいえ彼には不自由な足などなく、風のようにただ宙を滑る。

 目標を見つければ一気に降下し、優雅に通りすぎるだけでいい。とろくさい人間など、戦うための道具として生み出された彼が本気を出せば、捉えることさえできないのだから。

 ――そして彼はまたターゲットを捕捉した。

 それがさきほど振り切った黒い娘であることには、すぐに気づく。人の顔など見分けはつかないが、独特の魔力の波動は間違えようがない。

 あの布をもっと裂いてやろう、と彼は当然のごとく思った。妙な魔力の糸が行く手を阻んでいたが、そんなものは容易に断てる。

 彼は先刻のやりとりで学習していた。黒い娘は、彼を傷つける手段を持っている。だが、どれほど強力な魔法も武器も、当たらなければ無意味だ。

 全力で走り抜ければ、どんな攻撃をされても命中しない。

 彼にはその自信があった。

 そしてそれはおそらく事実であった。

 ゆえに今度は手加減なしで。

 目視も許さぬほどのスピードで。

 魔力の網など薙ぎ払い、風をはらんで膨らんだ娘のローブを――

 ……ふと。

 長年人の手に在り、使われ続けてきた彼は、その一瞬疑問という高度な思考を持った。

 この娘の服は、さっき見るも無残なほど破壊してやったのではなかったか。

 瞬間、彼が感じたのは予感だとか胸騒ぎだとか、人間でいえばそういったものに近かったかもしれない。

「……偽物ですよ」

 澄んだ声が降った。

 それと同時に、貫いた娘の服が溶ける。いや、彼女そのものも。ずるりと形が崩れ、粘性のある液体となって彼に覆いかぶさった。彼はそのまま成すすべなく大地に接着される。ねっとりした液体はどれだけ暴れても剥がれず、裂くこともできなかった。

 ――いつの間にか霧が出ていた。身に吸いつくようなそれは、強い魔力の粒子であった。

 彼は見る。

 黒い魔女が微笑みを浮かべ、空に佇む姿を。

 歌うような旋律とともに、彼女の手の中で闇が膨張していく。鋭く長く伸びていく。

 それは剣だった。

 シンプルゆえに凶暴で、だが凛とした優美さの漂う、冴え冴えとした強靭な刃。美しく、妖しく、圧倒的なまでに強大だった。

 彼以上に。

 そう本能が察したとき、彼は妖刀たる意味を失った。

「――お仕置きです」

 すさまじい闇色の雷が落ちた。



 武士がそこに到着したとき、石畳にはささやかな穴と黒ずんだ跡だけがあった。かたわらには黒髪の魔女が背を向けて立っている。足元に散ったかけらはおそらく石畳のもので、刀らしき物体は見当たらない。

 もしや破片も残さず消し炭にされたのか、と彼はおののいた。心の中で友に謝罪する。自分が未熟だったために大切な刀を失ってしまったと。

「片付きました」

 さっきまでの異様な威圧感などすっかり消し去り、意外にもけろりとした様子で魔女は振り返った。彼に一振りの刀を差し出す。

「ぬ? こ、これは――」

 見間違えるはずもない。それは彼の刀だった。手に持ってあちこちを確認するが、炭どころか欠けてさえいない。のみならず、あれほどの妖気が消え失せ、打ったばかりのような清澄な気配をまとわせていた。

「おそらく完全に魔力は消えたでしょう。もう普通の刀ですよ」

「な、なんと。妖刀を祓うには高位の僧侶でなければ無理だと聞いたが――」

「ええ、私は祓ったわけではありません」

「どういうことだ」

 丹念に状態を調べてから、彼は心底ほっとして刀を鞘に収めた。当たり前のように魔女へ目をやったとたん、あらわになった肌が視界に映り、急いで横を向く。

「随分と思考が人間に近いようでしたので、暗示をかけたんですよ。自分よりも立派な武器に真っ二つにされる――そんな幻を見せてね」

 破壊するのは難儀しそうだったので、と彼女は付け加える。

「自分が死んだと錯覚して、勝手に消滅してくれました」

「そ、そのようなことが……」

「思いこみというのはなかなか侮れないものです。押し当てられたものが火であると信じこめば、たとえ実際にはただの木の棒であっても、火傷の症状を起こすこともあります」

 ふー、と魔女のついた溜め息があまりにも白かったので、武士ははっとして体を震わせた。風はゆるやかだが、空気は頬を引っかくように冷たい。彼女は今、腕も足も剥きだしである。

「魔女よ、その格好で寒くはないのか」

「お構いなく。魔女ですから」

 なるほど魔女とは寒さを感じないものなのか、と彼が納得すると、彼女はブーツの音を響かせて身をひるがえした。仕事が終わったので早々に帰るつもりらしい。

 彼は慌ててあとを追う。

「感謝する。魔女など信用できぬと思っていたが、詫びよう」

「対価の分働いただけです。魔女など信用しない方が身のためですよ」

 こつり、と一度足を止めて、魔女は冷たい視線を返した。

「これに懲りて、自制できない欲望は発散することですね」

「ぐ、ぬ……」

「興味がないと思いこむのは勝手ですが、心通わせた武器をごまかしきれぬようでは無駄です」

「……………」

 ぐうの音も出ず思い悩みはじめた武士を置いて、彼女はさっさとその場を離れた。姿を消す前に大事な一言を残していく。

「報酬のほうれん草を忘れずに。もうストック分がないんです」


 ――くしゅんっ。


 ん? と武士は顔を上げた。そこにはもう魔女はおらず、周りを見ても自分ひとりがぽつんと立つだけだ。不思議に思って首をかしげる。

 はて、今のくしゃみは誰のものだろう?



「……風邪?」

 魔法使いの青年は、そう問い返すと眉根を寄せた。

 ええ、とうなずいてすぐ、魔女は大きなくしゃみをする。

「いつも戸を開けっぱなしにしてるからじゃないの?」

「関係ないです。ここは比較的暖かい」

「じゃあなんでまた」

 すっかり定位置となった場所を陣取って、彼は出された茶を口に流し込む。顔をしかめたところを見ると、いまだに辛さに慣れないらしい。

「少々薄着で走り回ったので」

「……俺がいない間に何やってんの」

「不可抗力です」

 彼は眉を顰めたが、魔女にそれ以上答えるつもりはないようだった。ローブの上から羽織ったストールを胸元に引き寄せ、小さく鼻をすする。

「薬は飲んだの?」

「嫌いです」

「クロさん、俺は飲んだかどうかを聞いたんであってね?」

「嫌いです」

 魔法使いは眉間に指を当てて沈黙した。

「そんなわけですので、今日はあなたの相手をする気力がありません」

「俺は犬猫ですか」

「まさか」

 この上なく不機嫌そうな、極上の笑み。

「犬猫の方がしゃべらないだけマシです」

「……………」

 風邪をひいてもまったくまろやかにならない辛口に、魔法使いは閉口した。だが、再び彼女が口元を押さえ、息を吸いこんだのを見ると、小さく苦笑する。


 ふぁ……

 ――くしゅんっ。


 二度目のくしゃみがこだました。











「鷹と妖かしの刀」了

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます