余談

おまけ。小鳥とニコの出会い











「……母さま」

 彼女は控えめに呼びかける。火を灯すように。

 だが雑踏という嵐の前では、その声はあまりにも儚い。そこが人の視線さえ向かぬ路地だったとしても、すぐそばで響く地鳴りのような足音と、爆音にも思える人の声は恐ろしく大きかった。

「母さま……」

 2度目の呼びかけは不安げに。

 きょろきょろと辺りを捜してみても、優しく色を変える美しい翼は見当たらず、ただただ薄汚れて暗い道が続くだけ。

「母さま」

 声に焦りがにじむ。

 まだ幼い羽根をばたつかせたが、体は信じられないほど重くなっており、浮かぶこともままならなかった。

 ――人の気配が絡みつく。身を締めつける。

 恐ろしくなって何度も声を上げた。

 けれど、あまり大声を出すと人間に気づかれるかも知れない。それもまた恐怖だった。

 ほんの数メートル先で。

 この細い道を抜けた向こう側で。

 大勢の人間達が行きかい、音の津波を起こし、暴風を起こし、ささやかで微かな声を飲みこんでいく。

 息苦しくなって、とうとう身を縮めた。

 時折抜けていく風は冷気を含み、季節の分かれ目を示している。

 秋が終わろうとしていた。

 秋の精霊鳥である彼女は、冬の中では存在できない。母はきっと心配しているだろう――早く、仲間達とともに秋を追わなければ。

「……母さま……」

「――どうしたの?」

 突然の声に、彼女はびくりと体を震わせた。

 恐る恐る枯葉色の目を持ち上げると、そこにいたのは一人の人間だった。

 ――人間には決して見つからないように。

 母から、仲間から、繰り返し聞かされた教え。

 目の前が真っ暗になる。

 慌てて逃げ出そうとして、満足に飛べぬことを思い出した。わずかに跳ねただけで無様に地に落ちる。

「あ! 大丈夫?」

「……………」

 彼女はもはや恐怖に凍りついており、その人間が駆け寄って、目の前で膝をついても、何もできずに呆然としていた。

「どうしたの? 迷子?」

「……………」

「怖がらないで。僕は何もしないよ。――君の翼は目立つから、とりあえず、僕の家に行こう?」

「……わたしを、売るの」

 ようやくそれだけを絞り出すと、彼は目を見開いた。

「人の言葉が分かるの?」

「……分かっていて話しかけたんじゃないの?」

「あ、えっと……癖というか」

 彼は頬を掻き、うろうろと視線をさまよわせる。

 ――人間は恐ろしいのよ。

 母たちの言葉が蘇る。

 ――見つかれば、捕まって、閉じ込められて、翼をすべて奪われてしまうわ。

「君は精霊鳥だよね? 人語を解するって聞いたことあったけど、まさか本当にしゃべれるなんて思わなかったなぁ」

 無邪気に語りかけてくるこの人間とは、イメージが合わなかった。

「薄紅の瞳は春、夏は緑、秋は枯葉色、冬は薄青。君は秋の精霊鳥?」

「……うん」

「初めて見た。きれいなんだね」

 穏やかそうな目が細められる。口の端が少し持ちあがり、白い歯が見えた。

 人間の表情は、彼女にはよく分からない。けれどこれが笑い顔なのだろうと思った。

 その時に広がった気持ちを、知らない。

 まるで新鮮な風を吸い込んだような。生まれ落ちたばかりに太陽の光を浴びたような。

「あ、そうだ」

 その人間はもう一度、風にも光にも似た笑顔を浮かべて告げた。

「僕はニコ。――精霊鳥には、名前ってないのかな?」

 ただ円環の中を飛び続ける精霊鳥にとって、その輝きはきっと眩しすぎたのだろう。

 自身が白く塗りつぶされてしまうほどに。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます