灰の歌

生、また死の神はあまねく人に手を差しのべる


人の似姿も等しくその時を迎え

私は世界から永遠に失われた

私の中に休息を得たいくつもの物語もまた

無数の灰となって風に散った


物語を識る人よ、どうか悲しんでほしい

今日このときに消えた命のうち、

あなたが憶えている数だけ涙を流してほしい


やがてあなたが顔を上げるとき、その眼に飛び込むもの

大地に落ちた実が根を張りそこかしこに芽吹く姿

大樹の陰が消えた場所にも、また陽が差して木が育ち

いずれ多くの人を憩わせるだろう

そのころにはあなたの雨がやめば嬉しく思う


ああ、すべての人間を憶えている

この体のあらゆる要素、枝葉のひとつひとつ

はるか昔に永遠を求めて砂漠を渡り、

雪原を越えて私に出会った男のことも

今でも耳をすませば遙か東方から

いつか聴いたあの歌が聞こえてくる


灰は空に舞い上がり、風に乗って世界を巡った

どうかすべての物語が、それを求めるこどもたちに届くように

どうかすべての物語が、それが望むとおりに

人の間で語り継がれてゆくように


灰はやがて土となる

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

Mouseion(ムセイオン) ハローイチイチゼロサン @hello1103

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ