アルナー王

作者 圷 とうか

35

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

こんなファンタジーが読みたかった!
冒頭から一気に引き込まれました。壮大な世界がここに広がっています。
読み易い文体にはリズムと格調があって、ル・グウィン(ゲド戦記)やサトクリフ(ともしびをかかげて)を彷彿とさせます。
気高く優しい王太子アルナーは、まだ自分の隠された力を知りません。わたしも忠誠を誓って、この世界を救う旅について行きたくなりました。
紙媒体でじっくり味わいたい作品です。

★★★ Excellent!!!

 15歳まで王太子として何不自由なく暮らしてきた主人公アルナー。
 ある日不意に、父王から隣国との要塞へ行くよう言い渡される。
 不審がりつつも一行は要塞へ出立。その行く手には――――

 一方主人公が不在の時、歴史の陰にしか存在しないはずの魔術師が登場。『アルナーを返せ』と王に迫る。
 隣国同士の戦乱、多くの出会いを通して主人公がどう成長していくか。
 また隠された来歴にどんな秘密があるのか楽しみ。

 小細工なしの、骨太なハイファンタジー、ぜひどうぞ。