端的に言って最低です

作者 佐久良 明兎