帝国への海図 Ⅰ ~レックダイビング~

作者 高栖匡躬

第14話 バディシステム」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 3分ほど減圧停止 <無減圧潜水限界を超えてないので、この場合の用語は「安全停止」のが適切ですね。

    もしかしたらオイルダイバーの世界では全部「減圧停止」という用語を使うのかな。血中溶存窒素ガスを肺経由で放出するという意味では、どっちも同じだし。。

    作者からの返信

    猫目少将さま

    こんにちは。
    いつもご指摘ありがとうございます。感謝いたします。

    減圧停止と安全停止は、混同しておりました。
    というか、安全停止と言う言葉自体が、頭から抜け落ちておりました。
    今日、訂正をさせていただきました。

    本作を書きながら、色々と資料を漁っておりましたが、ダイビングに関してまとめて解説をしてくれるものがなく、難儀をしたことを思い出します。

    減圧プロセスなどは、こちらで深度と滞在時間を指定して、(一応)プロの方に方法を伺ったのですが、「特殊過ぎてわからん」と言われてしまいました。結局、米海軍とPADIのチャートを見較べながら、自分でプロセスを導き出したのでした。

    装備とガスの選択次第で、状況も異なることでしょうし、本作で書いたプロセス通りだと、大事故が起きてしまうかもしれません。

    知らない世界を書くのは、つくづく冷や汗ものですね。

    2017年4月24日 08:50

  • すべてのエピソード 6
  • バージニアビーチ沖
  • 第1話 暗い海の底で
  • 第2話 今生の別れ 1
  • 第3話 アルゼンチンから来た男 2
  • 第4話 天翔る炎
  • 第5話 大統領・カワード
  • 第6話 報道特番
  • 第7話 小笠原にて
  • 第8話 副大統領・バウアー
  • 第9話 タイムリミット
  • 第10話 化学弾頭
  • 第11話 ゴールドラッシュ
  • 第12話 迎撃不能
  • 第13話 副大統領の画策
  • 第14話 バディシステム 1
  • 第15話 ダイブプラン
  • 第16話 その毒ガスの性能
  • 第17話 レックダイビング
  • 第18話 ダイバーズナイフ
  • 第19話 予科練にて 
  • 第20話 時を越えた手紙
  • 第21話 セルロイド板
  • 第22話 第四帝国 1
  • 第23話 地図にない街
  • 第24話 レベル4の機密
  • 第25話 消えかけた足跡
  • 第26話 作戦の真相
  • 第27話 船長・フェリペ
  • 第28話 3人の老人
  • 第29話 反応あり
  • 第30話 レックダイバー・ルイス
  • 第31話 トライミックス
  • 第32話 未知の潜水艦
  • 第33話 一時の撤退
  • ここまでの主な登場人物(第九章まで)
  • とりあえずの後書きのようなもの 1