第57話 蒸気都市ドゥーエ⑫

「お願いだから、その……じ、焦らさないでよ」

「えへへ、じゃあそろそろだな」


 ルナが満を持してとばかりにパールの付いた猫の尻尾を手に持つ。


 ――あんなものを入れられたら……。


 そう考えるだけで戻れなくなる不安と、悦楽の期待でぞくぞくしてしまう。

 そして肛門にパールの感触がきた。


「は、入ってくる」


 パールがゆっくりと体内に挿入されてきた。

 異物感がルージュの括約筋を擦ってくる。それがとてつもない悦びを孕む。


 ずぼずぼといやらしい音をたてて進入する猫の尻尾。

 この醜い体制で汚されることが、ルージュの快楽物質を大量に生み出す原因になる。


「あ、あっ!!」


 声も我慢できず、獣のようにルージュは喘いだ。

 もう我慢が効かなくなりつつあった。


「いっ!?」

 全てが収まった時、ルージュの中で絶頂がきた。

 ベッドのシーツをギュッと握り、それを噛みしめる。


「相棒、どう?」

「わ、悪くはないわ」

「そう?」


 ルナはそう言って尻尾を少し引っ張ってくる。

 肛門が刺激される。


「ひぎっ!」


 それだけでビクンとルージュの体が反応してしまう。


「ふふん」


 ルナは得意げな顔になって、ルージュの腰に手を回してくる。


「次は上を向いてよ」

「そ、それは……って!」


 ルナが強引にルージュの体を天井に向けさせてきた。

 赤子のような霰もない姿にされて、羞恥に顔を両手で隠してしまう。

 その手をルナが退けてキスをしてくる。


「ルナ、恥ずかしいよ」

「ゴメンね。でもルージュのそう言う表情が一番好きなんだ」

「いじわる」

「でも好きでしょ?」

「……まあ」


 正直な感想を口にすると、ルナは「やった」とまたキスをしてくる。

 舌を絡ませるようなキスをして、気分を高まらせてくる。


 そしてルナの顔がルージュの下半身に移動する。

 ルージュの陰部の中に、ルナの指がすんなり入る。


「あぅん……」


 その指が動く。くちゅくちゅといやらしい音が響く。

 快感が下腹部からせり上がってくる。愛液がそこら中に飛び散っていた。


「ルナぁ……」


 愉悦にルージュは顔を歪める。

 このままいけば、程なく達するだろう。

 そんな心の準備を始めていた。


「ちょ、ちょっと!?」


 急に全く別の性的快楽が押し寄せてくる。


 ルージュのお尻に装着された尻尾を、ルナが動かしていた。

 あまりの衝撃に、足を立ててルージュの腰がピンッと浮いてしまう。


「やめて、そんなことされたら……」


 ルナの顔が陰部に向かう。その舌がルージュの陰核をペロリと舐めた。

 妖しい恍惚が頭に電流のような衝撃を与える。


 さらに尻尾のピストン運動によって、アナルからも身悶えするほどの快楽衝動を押しつけられる。


「あぁ……はぁう……あぁぁぁぁ!」


 正気を失ってしまうほどの快感がやってくる。


「イク、イっちゃうよ!」


 我慢できないほどの声をあげて、ルージュは達した。

 腰が一人でにビクンと痙攣する。


 それでもなおルナは舌を動かし、尻尾も手放さなかった。

 敏感になっている状況でそんなことをされたら、気持ちいいに決まっている。


「あ、あぅぅ♡」


 戻れなくなってしまうほどに。


「もういいの、ルナ。もうイったの!」


 またしても頭が真っ白になるほどの絶頂が襲ってきた。


「あぁ……またイク……」


 ルージュはだらしなく、口から涎を流す。

 両足をガクガクと振るわせ、体中の力が抜けていく。


 ルナがそれを見て、ようやく顔を上げた。


「っ!?」

 尻尾を改めて入れ込んでくる。

「んぁ♡」

 甘い吐息が漏れてしまった。

 ルナがルージュに顔を寄せてくる。


 少し見つめ合うと、目を瞑って無意識にキスをしてしまった。


「猫尻尾で攻められるのは初めてだったでしょ?」

「それはさすがに初めてね」

「あ、猫尻尾以外はあるんだ」

「……バニーガールのコスプレでしたとき、ちょっとだけ」

「ふ~ん」


 ルナはそれを聞いて頬を膨らませた。

 しかしすぐ諦めたように息を吐いた。


「でもいいや。少なくとも相棒との初めては一つ手に入れられたし。ニャンニャンってね」


 ルナが猫のポーズをする。


 ――か、可愛い。


 その愛らしさに、ルージュの方が赤面してしまう。


「ふう」


 ルージュも一息付いて、ベッドから立ち上がる。

 そして部屋に置いてあったルナのトランクを漁った。


「何してるの?」

「そりゃ――あった」


 予想通りパール付きの猫の尻尾がそこには納められていた。


「相棒、まさか……」


 ルナがすーっと引いていく。


「もちろん、使うわよ」


 ルージュが「くっくっく」と黒い笑みを浮かべてローションのボトルを拾う。

 それを手にやって、ルナに襲いかかった。


「ひゃっ!」


 ルナの腰を抱き寄せ、そこから肛門にローションを塗りたくる。

 そしてその穴に指を入れた。


「あぁう!」


 今度はルナが絶叫にも似た喘ぎ声を出す番だった。

 じっくりと菊の門を解していく。

 その間もルナの陰部からは愛液が溢れ出ていた。


「ん!」


 ルナの体がビクンと反応する。達したのだとわかった。


「ルナも弱いのね」

「私の場合は相棒の好きな顔をたくさん見た後だったから、しょうがないっしょ。本当は愛撫中だって一回イってたよ」


 攻められて気付かなかった。

 ルージュはその事実に驚きつつ、猫の尻尾に手を伸ばす。

 そこに新たにローションを混ぜ込ませた。


「いくわよ」

「うん、来て」


 ゆっくりとルナの臀部からパールの球体を入れていく。


「いいよぉ、好きルージュ……」


 全てを入れる頃には、ルナはさらに一度絶頂に達していた。

 ルナがトロンと溶けたような潤んだ瞳で見つめてくる。

 ルージュはそれを見て少し得意げになった。


「お返しよ。私このままじゃルナなしだと満足できなくなっちゃうもん」

「えへへ、そうなってくれたら嬉しいな」


 ルナがルージュに優しく抱きつく。体が密着してルナを感じた。


「私はとっくに相棒なしじゃダメな女だよ?」

「そうは思えないけど」


 いつも攻められているのは大抵ルージュなのだからである。


「わかってないなぁ」


 ルナがそう言って、キスをしてくる。

 ソフトなキスだったが、長い間唇を重ねていた。

 離すと、ルナが口を開く。


「ねえ、相棒」

「何?」

「私の前からいなくならないでね」

「組織の本部に行くまではずっと一緒よ」

「ありがと」


 ルナは心底安心したような声を出した。

 そんなルナが愛おしくて、ルージュはルナを押し倒す。


「今夜は簡単に寝れると思わないことね」

「いいね。せっかくお揃いになったから後で写真撮ろうぜ」

「えぇ……」

「いいじゃん。浮気防止も兼ねて」

「しないわよ。そんなの」


 結局、夜明けまで二人は愛し合うのだった。

 まるでお互いに欠けた心の隙間を埋め合わせるように。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます