第55話 蒸気都市ドゥーエ⑩

 ルナが不満そうなジト眼でルージュの側に寄ってくる。


「まあ、そうだけど」

「師匠みたいな人だっけ?」

「そうよ」

「ふ~ん」


 ルナがルージュの肩に手を置いて強引に押し倒してくる。


「いいよな、相棒は。そう言うのがあって」

「そう言うのって?」

「……私には昔の人なんかいないよ」


 ルージュの胸にルナがうずくまってくる。


「妬いてるの? らしくもない」

「だって……私との思いでなんて相棒の中ではほんのちょっとじゃん」

「だったら、これから一緒に作っていけばいいじゃない。私達の思いでを」

「本当に?」

「もちろん」

「むふふ♡」


 ルナは怪しい笑いをすると、ベッドから立ち上がった。

 そして自分のパジャマを脱いだかと思えば、ルージュのパジャマもさっと脱がせてくる。


 お互いに下着だけの姿になった。

 ルージュは赤いレースの下着で、ルナは白いレースの下着だった。ちなみにルナの希望によりヒモパンである。


 色以外のデザインは同じものだった。

 ルナはその格好でいそいそとトランクに向かって中を漁る。


「列車じゃ試せなかったから――」


 ルナは一つのものを見せてきた。


「これ付けて今夜はしよ?」

「えっ……」


 ルナの手に握られていたもの。

 それは猫耳カチューシャとパールの付いた猫の尻尾だった。それにローションまである。


 ルージュは嫌な予感がした。


「で、でも……」

「いいじゃん、私との思いで作ってくれるんでしょ?」


 不安そうな顔でルナを見ると、ルージュも安易に否定はし難かった。


「そうね……た、たまにはいいかもね」


 ルージュは震える手で猫耳を受け取る。


「付けて付けて!」


 楽しそうにルナが催促をしてくる。


 ――ね、猫耳……。こんなものを私が……でもルナが。


 付けるのは恥ずかしかった。

 しかしルナをこれ以上、悲しませるのは忍びない。


「くっ!」


 震える手で、猫耳カチューシャを頭に装着する。


「可愛いよ、相棒。表情が屈辱的って感じ以外は最高だよ。ニャーって言ってよ。手をこうやって」


 ルナが両手をグーにして、猫のような手招きポーズを見せてくる。

 つまりあれをやれと言うことなのだ。


「ぐふっ……」


 さすがに恥ずかしいにもほどがある。


「わ、私はノワールの戦士よ!」

「駄目?」


 上目遣いで寂しげにルナはそう返してくる。

 ルージュもカノンのことを下手に口走ってしまった手前、無碍にはできない。


「いや、いいわよ。や、やるわよ。それくらいできるに決まってる……でしょ」


 ここまで来たらやるしかない。

 顔をひきつらせながら手を猫の形にする。


「ニ……ニ……」


 顔面の筋肉を操作して無理矢理笑顔を作る。


「ニ”ャァァ……」

「あんまり可愛くない」

「ちょ、ちょっとせっかくやったのよ!?」

「顔が強ばっててね」

「恥ずかしいんだもん!」

「まあいいや。恥ずかしがってる相棒も好きだし」


 ルナは猫の尻尾とローションのボトルをベッドの隅に投げて置く。さらにトランクを漁って、猫耳カチューシャをもう一つ取り出した。

 それを自分の頭に付ける。


「どう? ニャンニャン♪」

「か、可愛いじゃないのよ」


 ルナの猫耳はルージュの想像以上に似合っていた。明るい性格が相まって、愛らしさが増しているのだ。


 ルナがベッドに上がってくる。

 膝で立っていたルージュに目線を合わせてきた。


「これで初めて一つだね」


 ルナがルージュにキスをしてくる。

 ルージュも拒まず、ソフトなキスを受け入れた。


 そしてルナがルージュのブラのホックを外す。ルージュもまたそれに習ってルナのそれを外した。


 ルナがルージュを押すように抱いてくる。ルージュはその流れに乗って、ベッドに横たわった。


 ルナはルージュのパンツの紐を解いて脱がせ、そして自分のも脱ぎ捨てる。

 ルージュには一つ気掛かりなことがあった。


「ねえ、やっぱり一回シャワーを浴びてからに」

「や~だ」


 ルナはそう言ってルージュの腋を舐めてくる。


「だって汗が」

「それがいいんじゃん」


 ルナは腋を執拗に舐めてくる。

 ルージュの脳内に淫らなスイッチが入ってくる。ルナの行為一つ一つが、ルージュの胸を昂らせた。


「ん……」


 そして首にキスをしてくる。


 ルナの唇がルージュの胸に向かった。

 そして丁寧に乳房をマッサージしてくる。それをしながら、ルナの舌が胸の突起物を舐めてくる。


 ザラザラと舌の温かい感触が敏感な胸からやってきた。

 同時に性感帯を刺激され、感じてしまう。


 乳房の先端を指や舌でイジられるほど、頭に快楽物質が上ってくるようだった。

 ぴくぴくと腰も震えてしまう。

 それに耐えるようにルージュは唇をぎゅっと引き締めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます