第31話 救世の胎動⑤

 ルージュは予定時間より少し早くアパートを出た。気持ちが昂ぶっているせいで、落ち着かないのだ。

 北の廃墟前、集合場所は先程と同じである。


 ルージュが行くと、すでにトルエノがそこにはいた。壁に背を預けている。


「時間にはまだ余裕があるけど、行く?」

「ああ。ここでじっとしていても仕方がねえ」


 トルエノが壁から離れてそう言った。


 カタストルは夜行性だ。昼間はあまり活動をしない。

 またその性質のせいで夜以外は超力が活発ではない。

 故にノワールの超力での探知が難しいのだ。


 現在の時間は十七時四十分。

 このくらいであれば探知は可能だろう。


 ルージュとトルエノは侘しい廃墟の中を歩く。

 ルージュが先頭で、それにトルエノが付いてくる形だ。


 目的地は旧研究所。

 ワタナベと言うカタストルと戦い、ルナと出会った場所でもある。


 かつてはアークの者が使っていた施設、カタストルには居心地の良い仕様になっているのだろう。


 廃ビルに囲まれた道の途中でルージュが口を開く。


「戦闘の指揮は私が取るわ」

「理由は?」

「単純にこの辺の地形が私の方が詳しいから。これから行く旧研究所も前に調査したことがあるの。アンタの方は南地区担当だから土地勘はないでしょ。文句ある?」

「あるね」


 ルージュは足を止めて、振り返ってトルエノに顔を向ける。

 トルエノも歩みを止め、ルージュの死線を真っ向から受けた。


「……私とアンタではキャリアもほぼ同じ。これ以上に合理的な理由があるかしら?」

「気に入らねえ。足を引っ張られるかもしれない相手に指揮まで譲るなんて、自殺と同じにしか思えない」

「何ですって? もう一度言ってみなさいよ!?」

「何度でも言ってやるよ、カスの指揮のせいで死にたくはない」

「あぁ? んだとクソゴリラぁ!」


 煽られたルージュはドスの利いた声を出してしまう。顔に青筋が浮かぶ。

 対してトルエノは獲物を釣り上げたかのように微笑んでいた。


「どうだ、ここはお互いの力を確かめ合うって意味でも、ヘッドショットで決めないか?」


 ヘッドショット、ノワール同士で行われる模擬戦闘の一つだ。


 ルールはシンプルで、相手の頭を壊した方の勝ち。


 ノワールなので再生するから問題はない。

 むしろ再生するカタストルを相手にするのだから、ペイント弾などのものよりよほど実践的だ。


 ただし派手に動き、周囲に危険が及びやすいので滅多なことでは行われない。流れ弾で一般人に死傷者などが出たら洒落にならないのだ。


 しかし場所が場所なので今回はその心配はない。


「いいわよ。肩慣らしにはちょうどいい」

「決まりだな」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます