第24話 バオム教⑫

 自宅に戻ると、ドアの前に段ボール箱が一つ置いてあった。


「ああこれ私の荷物だ」


 ルナがその箱を持ち上げた。

 ルージュは謎の箱を訝しげに見る。


「何なのそれ?」

「後でのお楽しみだ」

「ふぅん」


 ルージュは特に深く追求もしなかった。その時ばかりは精神的に疲弊しており面倒だったのだ。


 ドアを開けて部屋に入る。


 レザージャケットとホルスターを乱雑に脱ぐ。ホルスターはその辺に置いて、ジャケットは洗面所の洗浄機にぶち込んだ。

 髪を結んでいたゴムを外し、ブーツを脱ぐとベッドに飛び込む。

 そのまま寝る体制に入っていた。


「相棒、シャワー浴びないの?」

「明日でいい」


 そんな気分だった。

 ルナがベッドの側に座る。


「あの子、どうなんのかな?」

「……教団が保護するでしょ。あそこ、変に金回りだけはいいのよね」


 謎の出資者でもいるのだろうか。そう思えるくらいには資金に余裕のある団体だった。


「大丈夫かね、あの教会」

「アンタがどうにかできる問題でもないでしょ」

「またカタストルが出たらどうなんの?」

「次のノワールが対処するだけ」

「そうだろうけどな。でもあんな扱い受けてやる気なくさないの?」

「キッチリこなすから安心しなさい。ノワールは別に褒められたくてやってるわけじゃないわよ。そんな気持ちで命をかけてられないわ」


 戦う理由は人それぞれだが、褒められるようなことはほぼない。

 闇に生きて闇に死ぬのがノワールの宿命なのだ。


「じゃあ、相棒は何で戦ってるの?」

「……アンタに教える義理はないわ」


 ルージュはルナに背を向けて、素っ気なく答える。


「そっか……」


 ルナは切なげにそう返してくるだけだった。


               *


 しばらくするとガサゴソと何かを漁る音が聞こえてきた。


「ねえねえ見てみて」

 ルナが嬉しそうに話しかけてくる。


「何よ?」

 ルージュが声の方を振り向く。


 ルナが笑顔で青いネグリジェを持っていた。


「これ相棒の奴、サイファーさんに頼んだら買ってくれた」

「サイファーが? これもアイツの趣味なの?」

「うん。いつもその格好寝苦しいって思ってたんだよね」


 どうやらルージュのライダースーツのことを言っているのだろう。慣れれば問題はないのに。


 ルナがさらに箱を漁る。まだ何か入っているようだった。

 それを取り出して見せてきた。


「それともう一つ、こっちは私が選んで買って貰った方」

「ぶほぉっ!」


 ルージュはショックで鼻水が出そうになった。


「な、な、な、何よそれ!?」

「ベビードール。その中でもとびっきりエロいの買ってきた」

「ス、ス、スケスケじゃない!」


 ほぼ下着だけと言っても過言ではなかった。シースルーの透けた布地がわずかに被さっているだけだった。


 さらに下着の方にも問題があった。そちらは上も下も本来隠すべき大切な布がことごとく欠けていた。


 これでは大事なものが丸見えである。


「こっちは相棒のは青、私の分のピンクも買ってあるから。お揃いだね♡」

「お揃いだね、じゃないわよ! そっちは明らかに実用性に欠けるでしょ。さっきのはともかく、そんなの着て寝られるか! だいたいそのパンツ……か、隠せてないじゃない」

「何が隠せてないんだい?」

「わ、わかるでしょ」


 ルナが悪戯っぽい笑みを浮かべて顔を近づけてくる。

 目と鼻の先にルナの顔があった。


「今夜は随分と力を使ったみたいじゃない。これ着てくれたら、嬉しいな?」

「べ、別にそこまでは」

「明日またサイファーさんから依頼あったらヤバいんじゃない?」


 ルナの手がルージュの頬に触れてくる。


「それに今日は考え込んじゃうでしょ。それを少しでも紛らわせてあげたいなって思って。結構キツかったでしょ、いろいろとさ」

「余計な、お世話よ……」

「ダメ?」


 ルナが上目遣いでおねだりしてくる。

 ルージュは「むむむ」と唸ると、目をそらしてしまう。


「……じゃあ、シャワー浴びてくる」

「え、何で?」

「着替えて……あげなくもないわ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます