第23話 バオム教⑪

「ママ!」


 エリーが悲痛な声で母親を呼ぶ。

 ゴーストの影がエレナの体を覆っていく。背中から足まで、まるで繭でも精製するかのような雰囲気だった。その肌が黒い泥に染められていく。


 ルージュはそこに視線を固定させたまま、ルナの方に手を出す。


「それちょっと貸しなさい」

「ああ」


 ルナが持っていたサイコダガーをルージュに渡してくる。


「相棒、何とかならねえのか?」

「完全に取り込まれていない今なら、まだどうにかできるわ」


 不幸中の幸いと言えば、ゴーストが取り込まれる現場に出くわせたことだろう。これなら手遅れになる前に処置できる。


「エレナ! ゴーストを拒否しなさい。強く拒絶すればそいつはまだ剥がせるから!」

 ルージュはサイコダガーを逆手に持ち替えながらそう叫んだ。


 ゴーストを媒体にシードは人間の脳と心臓を媒体に、感情を同調させようとする。感情が支配されると、体の組織そのものが一気に書き換えられ、別種属のカタストルへと化す。


 強靱な精神を持っていれば、それを跳ね返すことも可能だ。


 ただ現実にはそんな精神力の持ち主はいない。いくら拒絶しても時間が経てば屈してしまうのが普通だ。それは仕方のないことである。


 だが今は普通の拒絶だけでも充分である。それさえしてくれれば、ルージュがサイコダガーで無理矢理引き剥がせられる。助けられるのだ。


 にもかかわらず、ルージュの思惑は外れていく。


「あの女ぁ……」

「どうなってんだよ、相棒!?」

「ゴーストを拒否するどころか、受け入れている。これじゃどうにもならないんだけど」


 焦りと苛立ちが募る。


「ママぁ!」


 エリーが母親の苦しむ姿に泣き出してしまう。

 それにエレナはわずかに反応した。

 その動作をルージュは見逃さない。


「アンタがカタストルになったら、子供はどうするの!? 一緒に生きていたくないの!? 答えなさいよ!」


 黒い影を纏ったエレナが顔を上げる。


「……その時は私が食べて、ユグドラシルの元へ送ってあげます。その方がその子にとっても幸せに決まってますから」

「アンタ、それで本当にいいと思っているわけ? 愛して――」

「うるさい! 貴方に何がわかるって言うの!?」


 ヒステリックな叫び。エレナの雰囲気が豹変する。


「そんな子、最初から産みたくなんてなかった! あんな汚れた男共の誰が父親かすらわからないのよ。そいつさえ、そいつさえいなければ、私はもっと――」


 エレナの恨みの激情が止まった。静かに俯いて震えている。

 ぽたぽたと雫が床に灰色の染みとなった。

 彼女の両目から涙が漏れていた。


「その子も、私も……呪われているの。だから私が天使様になって、浄化してあげるのが一番でしょ?」


 悲しみと憎しみを笑みで無理に誤魔化すエレナの顔には、ストレスを、理不尽を、限界以上に我慢してしまう人間特有の影があった。

 例え何をしようと、奪った者が、力を持つ者が正義。それが問題なくまかり通るこの都市。エゴが渦巻く廃工都市では生きていけないタイプの顔だ。


「こんな腐った世界で生きていてもしょうがないじゃない」


 か細いエレナの声から、魂の慟哭が聞こえてくる。


「……そうね」

 ルージュは静かに目を瞑り、サイコダガーの柄をルナに向ける。


「返すわ」

「何で、まだエレナは――」

「もう必要ないの」

「相棒……」


 ルナが何かを察したようにサイコダガーを受け取る。


 すでにエレナは手遅れだった。もはやカタストル化するしか道はない。


 ルージュはジャケットの内側に潜ませているホルスターに手を伸ばす。そこから漆黒の銃を抜いた。

 その銃口をエレナに向ける。


「やめて!」


 ルージュの足に必死に体当たりをしてくるものがいた。

 エリーである。彼女は子供ながらルージュのやろうとしていることを本能的に理解していた。


「ママを虐めないで!」

「……ママなんて、もういないわよ」

「だってあそこに!」

「あれはママじゃないわ。カタストル」


 エレナの体が影によってどんどん膨張していく。

 もはや原型はほとんど残っていなかった。


「人の形をした化け物よ」


 ルージュが呪印銃の引き金を引く。


 紫色の閃光が疾った。

 それがカタストルの心臓を撃ち貫く。


 黒い物体にぽっかりと穴が開いた。

 影を纏ったエレナは悲鳴を上げながら穴を胸で抑え、のた打ち回る。


 だがそれも数秒のことだった。

 事切れたように動かなくなり、その体が分解され空気の中に溶け込んでいく。

 

「ママァァァァァ!」


 エリーが母親だったものに駆け寄っていく。


 消失していくエレナは、最後の力を振り絞ってエリーの方に手を伸ばした。

 しかし間に合わず、その手は砂のように虚空に消えゆく。

 母と娘が交わることはもうなかった。


 ルージュはホルスターに銃を納める。

 視線が不思議とエリーを追う。


 エリーが憎悪に満ち溢れた瞳でルージュを見上げてくる。


 エリーが割れたステンドグラスの破片を手に取っていた。

 それをルージュに投げつけてくる。


「っ!」


 ルージュの額にガラスの破片が当たった。

 切り傷から血が静かに流れ視界の右半分が赤く染まる。


 エリーの顔は憎しみと涙で溢れていた。


「…………」


 そんなエリーに、ルージュは一瞬だけ過去の自分を重ねてしまう。ノワールになる前の泣き虫だった頃の自分を。


 ルージュは苛立ちで目を細める。


「私は……間違ってない」


 ルージュはそう言って出口に足を向ける。


「私は絶対に間違ってなんかいない」


 自分に言い聞かせるようにそう呻き歩きだす。


「相棒……」


 ルナが後ろから声をかけてくる。

 だがルージュには応える余裕はなかった。


 部屋の出口にはバオム教の信者達が集まっていた。うじゃうじゃと虫のように群れている。

 それらが非難めいた瞳で、ルージュを見てくるのだ。


 それがまたルージュの苛立ちを上昇させる。


「この屑共が、退きなさいよ!」


 ルージュは空に向かって一発の弾丸を放つ。

 威嚇射撃には充分だったようで、信者達はドアから離れていく。


 信者達の横をルージュは通り過ぎていく。


「悪魔――悪魔――」


 そんな言葉が呪詛のごとくルージュに降り注いでくる。


「クソッ……どいつもこいつも……」


 壁を力いっぱい叩いて、ルージュは教会を後にするのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます