第20話 バオム教⑧

「はぁ~穴蔵の中は退屈だったわ」


 薔薇のカタストルがウンザリした口調で喋り出す。

 緑色をした人間態の部分は、若い女性の形をしていた。前髪を上げて、豊満な乳房を惜しみ隠そうとせず、全面に露出させる。


「さて、お腹も空いたし。おいしそうなご飯もたくさんあるのね」


 カタストルの女の眼が怪しく光る。

 ルナ達を、料理のメニュー選ぶかのように品定めをしてきた。


「いただきまぁす」


 花弁はなびらの下部に位置するトゲの付いたツタが、触手のように伸びてくる。

 狙いは子供のエリーだった。怯えて足が震えていた。


「エリー!」


 ルナはスカートの中に隠してあったサイコダガーを抜く。

 そしてエリーの前に立った。


 迫り来るカタストルの触手を何とか短剣で受け止める。


 重い一撃。体ごと持っていかれそうな圧が押し寄せてくる。足が後方に押し出されて、地面を擦った。靴の痕が地面に残る。


 それでもルナは超力をサイコダガーに込めて何とか耐えた。耐えなければルナ諸共飲み込まれるだけだ。


 カタストルの触手が切れて、何とか勢いを殺すことに成功する。


「クソッ!」


 触手のトゲがルナの頬を掠める。

 そこから一直線の傷が生まれ、血が流れた。


「あら、貴方ノワールだったの。それにしても弱いわね。魔眼も使えそうもない」


 実力は完全に見透かされていた。ハッタリの通じる相手ではない。

 しかも触手は一本ではない。あれが何本もくれば防ぎようはなかった。

 それに攻撃は触手だけとは限らない。


 何よりこっちの攻撃手段が皆無なのが辛かった。

 サイコダガーだけではあの巨体に近づくことすらままならない。


 ――こいつはヤバいな。


 ルナは短剣を構えながら、口を開く。


「エレナ、エリーを連れて逃げろ!」


 全員で逃げるのが唯一の生き残る道。

 幸い、機動力のある相手には見えなかった。


「どうしてですか?」

「は!?」


 エレナの予想外の反応に、ルナは困惑する。


「どうしてって、このままじゃ殺されるからだよ。アンタ、自分の子供が死んでもいいのか!?」

「殺される? 違いますよ。私達はユグドラシル復活の為の糧となれるのです。私達の命がユグドラシルのエネルギーになるのです」

「それでエリーが死んでもいいってのか?」

「その子も汚れた運命から生まれてしまった命。ユグドラシルに一度浄化された方が幸せなのです。貴方にもわかるでしょ?」

「てめぇ……」


 ルナは生まれて初めて強い怒りを覚えた。エレナの態度はとてもではないが狂っている。

 エリーよりも教義の方を優先する態度が、何より気に入らなかった。


 だがそんなことを言っている場合でもない。


「エリー、お前さんだけでも逃げろ」

「でもママがぁ」


 泣きそうにエリーはそう応える。


「このままじゃ死んじまうぞ!」

「だって一人じゃどうしたらいいかわかんないよ。ママがいなくちゃ嫌だよ」

「くっ……」


 このあとエリーはどうなる? それに責任なんて持てないのは事実だ。こんな子供がこの廃工都市でまともに生きていけるわけがない。

 しかしだからと言って見捨てるわけにもいかない。


「エリー、だけどな――」


「無駄よ」


 カタストルの女が喜劇でも楽しむように、ニヤニヤしながらそう言った。

 今までのやりとりを上から見物していたのだ。


「何を言っても時間の無駄よ。だってここの連中、私達に食べられるのを待っているんですもの」

「何だと?」

「実は私、一度ノワールに殺されかけたの。それで何とか逃げ延びたんだけど、もう命は風前の灯火。そしたらここの連中が助けてくれて、お腹一杯になれたわ。それで気が付けばこんな強い体になってたわけ」


 長く生きれば生きるほど、カタストルは強くなっていく。

 ルナはそれを聞かされていた。


「アンタだけでもさっさと逃げれば良かったのに。本当にお馬鹿さんね」

「こんな状況で放っておけるか」

「そうよねぇ。好きよアンタみたいな子」


 カタストルが再び触手を伸ばしてくる。


 避ければエリーに当たる。ルナはサイコダガーで受け止めるしか選択肢はなかった。

 サイコダガーに超力を込めてさっきと同じようにギリギリで触手を止められた。摩擦から生まれたオレンジ色の火花が刃から漏れいく。


「!?」


 だが二本目の触手がすぐに差し向けられる。


 それがルナの右を通り過ぎ、エリーの体に巻き付いた。

 そして宙に浮かされる。


「させるか!」


 ルナがサイコダガーでエリーに巻き付かれたそれを切り落とす。


 それが最大の隙だった。


 三本目の触手がルナの体を縛り上げる。

 強い力で足を浮かされた。


「いやー楽しかったわ。久々にまともな人間の反応を見た気がするもの」

「うるせえ、化物が!」

「それよ、それそれ。それがいい。それが正常、そして正解。アンタわかっているわねぇ」


 ケラケラとカタストルは笑いながらルナの反応を楽しんでいた。

 絶対的優位だからこその笑いだろう。


「けどここの連中の言い分にも一理ある。今の世の中は間違いなく地獄よ。一%にも満たない、ごく一部に幸せな上位層がいるだけで、残りはろくな人生じゃないわ。天国に期待するのも仕方がないのね」

「天国なんて期待するもんじゃない」

「その通り。私もそう思う。やっぱりたまには普通の人間の感情を見ないとね。感覚がおかしくなっちゃう」


 カタストルはそう言ってルナではなく、エリーの方を見た。

 ルナはその仕草で最悪を直感する。


「お前、まさか……」

「アンタ、エリーって子供に随分と入れ込んでたじゃない。じゃあその子が目の前で死んだら、どんな感情を見せてくれるのかしら。怒り? 悲しみ? それとも憎しみ? 負の感情はとても美味。おいしいスパイスになりそうね」

「やめろ!」

「や~だ♪」


 黒い触手が高速で伸びる。

 それは瞬く間にエリーを捕まえて、宙に浮かした。

 触手のトゲでエリーの腕から血が流れる。


「痛いよぉ、ママぁ!」


 眼には涙を滲ませ助けを求め、母親の名を叫ぶ。


「よかったわね、エリー」


 だが母親の言葉は無情だった。

 それをカタストルはつまらなそうに眺める。


「最初は新鮮だったけど、もうこの反応は飽きたわ。諦めの感情はおいしくないの。だから――」



「だったら今度は自分の絶望した声を聞きなさい」



 紫色の光線が二つ疾る。


 ルナとエリーを縛っていた触手のツタが切れた。二人の体が重力に従い、落下する。

 紫線はカタストルの後方にあったステンドグラスをも破壊。

 色とりどりのガラスが雨のように床に降り注ぐ。


 解放されたルナが後ろを振り返った。


「相棒!」


 そこには呪印銃を構えたルージュが立っていたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます