第9話 ゴミの町⑤

 一仕事を終えてたルージュは自宅のアパートにルナといっしょに帰ってくる。

 ドアを開けて質素な我が家に入って行った。


「たっだいまー」

 ルナが部屋のベッドにダイビングする。


 ルージュはキッチンの棚に鉄道のチケットを置いておく。そして銃の入ったホルスターごと体から外してベッドに放り投げた。


 そして浴室へ向かう。


 ――大したことしてないのに、妙に濃い一日に感じたわね。


 思えば他人と過ごすのは久しぶりだった。

 たぶんそれが大きかったのだろう。


 ノワールでは新人の頃に上位のノワールとチームを組まされる。それが後の師匠になったりするのだ。

 また駆け出しの時には、同じ位のキャリアの者とチームを組まされ、しばらく一緒に暮らすことになっていた。


 ルージュはそれらの期間をすでに終えていたので、長い間一人で行動していたことになる。

 任務の内容によっては他のノワールとペアを作ることはもちろんある。しかしその場限りで解散するので根本的に別物だ。


 他人と過ごしどっと疲れてしまうのは問題かもしれない。元々ノワールになった時から人嫌いになりつつはあったのだ。


 それもきっと慣れるだろう。慣れたときにはおさらばかもしれないが。


 ルージュはジャケットを脱ぎ、洗浄機の中に突っ込む。ライダースーツのチャックを下ろし、パサリとそれも脱いで洗浄機に入れる。

 最後に髪を纏めていたゴムを取って洗浄機の上に軽く投げた。


 バスルームの扉を開けて中に入る。

 シャワーのお湯を出して、全身で浴びた。これだけで疲れが抜けていくようだった。

 浴室のバスチェアに座り、髪を洗う。シャンプーとリンスの匂いが充満していた。


「?」


 ふと隣からガサゴソと物音が聞こえてくる。

 何だ、と思いルージュは首を傾げた。

 その時だった。

 ガラーっと浴室の扉が開けられる。


「おいーっす。お背中流しに来たよ」


 全裸のルナがそこにはいた。形の整った乳房と括れた腰、それにすらりとした足が目に入る。


「はぁ!?」


 完全に不意打ちだった。


 ルージュは両手で自分の目を覆うポーズをする。ポーズだけで実際には指の隙間からルナを見ていた。

 ルナの体はやはり美しかった。ルージュはついそれに視線が吸い寄せられてしまうのだ。


「ちょ、ちょ、ちょっと何よアンタ!」

「いやいやいいじゃないの」


 ルナは扉を閉めてドカドカと入ってくる。

 そして背中からルージュにくっついてきた。肌と肌が触れ合う。


「サイファーさんに言われたんだよ。こういうお世話もしてあげてくれって」

「あんのハゲ……」


 あの時の会話はそう言うことだったのか。しっかり聞いておけばよかった。


「これがノワールの超力を回復させられるみたいだな。こっちも頼りっぱなしってのは嫌でよ」

「む、無理しなくていいのよ」


 少し声が上擦ってしまう。異様に緊張してしまっていた。

 ルナが体を預けてくる。その大きすぎず小さすぎない胸がルージュの背中に押し当たる。

 そして耳元でルナが囁く。


「相棒の力になりたいんだよ。私なりに精一杯頑張るからさ、いいでしょ?」

「まあ、そう言うことなら……」


 ルージュは囁かれてドキッとしてそんなことを口走ってしまう。

 ルナは手を伸ばしてボディソープに手を伸ばす。


「今日は初日だし、取り敢えず軽く相棒の体を洗うよ」


 ルナの掌に白濁色の液体が注がれる。彼女はそれを両手に広げた。

 ルージュの体に、ルナの手が載ってくる。

 脇腹から上に丁寧にボディソープが塗られていく。ルナの柔らかい手の感触が、気分を高揚させてくる。


「ん……」

「嫌?」

「……嫌じゃないけど」


 ルージュの脇から背中にかけて、ルナの手が優しく押されてくる。そして左の脇から肩、そして腕にボディソープが塗られる。

 ルージュとルナの手が絡む。何となくルージュがそれを軽く握ると、ルナも嬉しそうにそれに反応してくれた。


 鎖骨と首を渡って、次は右の腕に移行する。脇から丁寧に泡が立ってくる。

 丁寧なのはいいのだが、何だかじらされている感じになってしまう。すでにルージュの下半身は熱く刺激を求めている。


 上半身はほとんどが洗い終わっている。


 ルージュの乳房がルナの洗浄を待った。


 だが次にルナの手が伸びたのは太股だった。ルージュは期待が外れて、肩を落とす。


 ――うう、何を私は……。


 期待自体がはしたないことだった。それを思い、ルージュは両腕をお腹の前で組む。

 欲しい場所の近くにルナの指の感触がする。


「んん……」


 疑似的に敏感なところに触れられている気持ちになってしまう。届きそうで届かない。

 体が疼く。

 本当に欲しいところはわかっている。それでもルージュはプライドが邪魔して自分からは何もいわなかった。


 あくまでこれは超力を回復する行為。それ以上でもそれ以下でもない。だから変な反応はしない。クールに、事務的に終わらせる。そう自分に言い聞かせる。


「どうしたの相棒、恐い顔して?」

「……何でもないわ」


 ルージュは顔を赤らめて、横を向く。

 気が付けば顔に意味もなく力が入っていた。たぶんそのせいだろう。足の部分がとうとう終わる。


 ルナが新たにボディソープを掌に乗せていた。

 そしてルージュの背中に回り込んでくる。ルージュは唾を飲み込んだ。


「じゃあいいかな?」

「さ、さっさとしなさいよ」

「はいよ」


 ルナの手が胸に触れる。それがじっくりと円を描くように動いていく。


「んぁ……」


 性感帯を刺激されて一気に恍惚感がいきり立つ。声が出そうになるのを、唇を噛みしめて我慢する。

 胸の突起物にルナの指が触れる度に体が過敏に反応してしまう。腰が快感を貪ろうと自然に動いてしまう。


 さらにルナの左手が下腹部へと移動する。

 ルージュがすがるようにルナの右手を軽く握る。

 そして下半身の性感帯に肌が触れ合う。


 散々じらされたせいで、もう快楽の栓がゆるゆるだった。そこへ急な攻めがやってくるのだ。


 もう我慢できるわけがなかった。


「はぁはぁ――」


 性器にある赤い肉芽をルナが優しく擦る。最初はスローでねっとりと。


 それでもルージュには充分過ぎた。


 肉芽を擦られて、快楽の渦に飲み込まれる。


 もっともっとと脳が欲する。


 だがそんな崩壊する自分が恥ずかしかった。


「ルナ、ルナ、もういいから」

「本当に?」

「本当にもういいの――あぁ!」


 ルージュの懇願とは逆に、ルナの左手は挑発的にだんだん激しくなっていく。


 下腹部から熱い何かがせり上がってくる。


 絶頂の予感に震えた。


「んぅ!」


 弾けるように背骨を一気に反らせる。


 足をヒクヒクと痙攣させながら股を切なげに閉じた。


 ルージュは肩で呼吸をする。

 ぐったりと体から力が抜けていく。

 ルナはすでに手を離しており、ルージュの肩に置く。


「初めてだったけど、良かった?」

「ま、まあまあね。及第点ってとこかしら」


 あれだけの攻勢を受けても、ルージュは意地を通した。


「ありがと、相棒」


 それでもルナはそう言って、クシャっと顔いっぱいに微笑むのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます