らくだ図書館(カクヨム版)

常木らくだ

らくだ図書館(カクヨム版)

はじめに

はじめに

 こんにちは、常木らくだです。

 初めての方も多いと思うので、最初に少しだけ自己紹介を。自分は作家デビューを夢見る小説投稿者で、2009年4月から公募への挑戦を始めました。現在の活動歴は7年ちょっと。この年数が長いか短いかはさておき、小説投稿を続けていると、毎日さまざまな出来事が起こります。山もあれば谷もあり。まさにジェットコースターのようで、7年続けていても一向に飽きません。

「小説投稿ってこんなに刺激的なんだ!」

 その感動を周囲へ伝えたく、小説投稿ブログ『らくだ図書館』を開設したのが、今から4年前の出来事です。


【らくだ図書館】

http://rakuda-library.seesaa.net/


 本作『らくだ図書館(カクヨム版)』は、上記ブログの膨大な過去ログを凝縮した、小説投稿に関する赤裸々なエッセイです。

 あらかじめ念を押しておきますが、これから披露する内容は、いわゆる成功体験ではありません。むしろ失敗体験です。キャッチコピーでも主張した通り、筆者の落選回数は135回ですから、同じ行為をすると落選するでしょう。怖いですね。というわけで、もし本書の内容を参考にされる場合は、反面教師として利用するのがオススメです。

 続いて、構成の説明を。

 この作品は全六章。最初から順に読み進めるのもいいですし、各エピソードにはサブタイトルが入っているので、気になった話から読むのもいいでしょう。ブログの内容と重複するエピソードもありますが、文章そのものはすべて新しく書き直しました。具体的には次の通り。


・第一章 活動開始

・第二章 海外投稿の苦労

・第三章 小説投稿あるある

・第四章 落選した! その時どうする?

・第五章 失敗から得た教訓

・第六章 らくだ図書館の話


 以上、前置きが長くなってしまいましたが、最後までお付き合い頂ければ幸いです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます