ノーベル魔術賞を狙ってます?

作者 もちもちおもち

53

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

長文なのに読みやすい。文章がとても上手い。
そこはかとなく漂う安心感……と思ったが、なんか不思議な小説。

正直なところ、この話がどういう風に転ぶのかはまだ理解できない。
いわゆる異世界ものとはまるで違う。
説明するのが難しい小説なのです。
乙女心のやさしさと怖さがちょいと隠し味になっているやうな気が……。

いやぁ、油断できませんぞ。要チェックですぞ。この作者様は。

★★ Very Good!!

魔法研究に勤しむ連作もの。

ハイファンタジーの要素をふんだんに盛り込んだ内容ですが、舞台は日本です。そしてジャンルはSFです。木曽っていいところですよね。昔木曽のつたや(TSUTAYAじゃなくてつたや)に行ったことありますよー。

まあそれはさておき、物語は唯花をはじめとする面々がノーベル魔術賞を狙って日々奮闘しています。ですが何やらラブコメになったり、過去の事件が伏線を匂わせたりと、研究以外の方面にも進んでいき、続きの展開が気になる内容になっています。そして肝心の魔術研究の方は、コミカルな調子で明後日の方向に突き進んでいく様は個人的にツボに入りました。

果たしてノーベル魔術賞を受賞する日は来るのか!? 今後も見守っていきたいです。

★★★ Excellent!!!

ノーベル章の道則は険しく、彼女達の道則は苦難の連続。下手をすれば他人の人生を破壊し、最悪人間界に破滅させる恐れも……。
そんな中でもめげない彼等の前向きさが一番の武器なのでしょう。良い意味で言えばポジティブ、悪い意味で言えば諦めの悪い。けれど粘り続ければ何時かノーベル魔術賞を手に入れられる……かも?(汗)

★★★ Excellent!!!

頭に生えた、普通の人には見えないキノコを材料に、魔術の薬をつくる主人公と助手の、何ともズレた会話が魅力の作品です。

マンドラゴラが腐女子の頭に生えている…。
なんだろう、この問答無用の説得力。

笑わずにはいられない、癖になる作品でした。
これからの話も楽しみにしています。