第6部 絶望から希望へ

第46話 取り出されたインプラント


やはり翌日4月5日に手術になった。 卵巣と子宮の手術は日にちをのばすことにした。もう手術は十分だ。今までで4回。 この2つを入れると6回になる。


この手術は小さいバッグに入れ替えるだけだったので時間も短く吐き気は全く無かった。これはすごく嬉しい事だった。手術の胸は痛かったけれど、すぐに家に帰ることが出来た。


それでもやはり手術後なので頭の半分に砂が詰まっているような気分だった。眠いようなフラーっとした感じだけど、いつもよりはうんとましだった。


翌日また病院へ。 包帯を取ると太いメタルのようなもので留めてある。このビジュアルはショッキングだ。数えたら11針ついていた。

同じ場所を4回も切ったことになる。



手術をして23日後。また穴が空いた。 どうしてもくっつかない私の皮膚。

これはもう取り出したほうが良いと言われ、また落ち込んで泣いた。何度同じ所を切るのだろうか? そして6回目の手術をした。

インプラントを取り出すだけだったので、すごく早い手術だった。皮肉なことに一番楽だった。がっかりはしたけれど、身体の異物がなくなりすっきりした気持ちでもあった。



手術から2日後包帯を取る。前にもましてえぐれた胸。 はじめて全摘手術をした時よりもショックだった。 あの時は「再建手術をして綺麗になるんだ」と希望があったから。


 この頃生きるってどういうことだろうと考えはじめていた。 なにもかもいやになり、どうしていいのかわからなくなった。


医者はまだチャンスはある。1年くらい待って今度は自家組織でしてみたらどうだろうと言ってくれたがもう手術はうんざりだった。 


子宮と卵巣の手術もまだ決めかねていた。 卵巣の腫瘍を調べるのに1つだけにしようか?それともペットスキャンをしてもらい手術はやめようか?と考えていた。


その頃リンパ腺の転移数での生存率のグラフを見てしまい、凄くショックを受けた。4つ以上の転移は5年生存率は40から50% 10年はなんと15から30%だと。この数字はあまりにも私を打ちのめした。


 生きていく気力がどんどん失われていった。 そしてこの頃から人前に出られなくなってしまっていた。外に出ると汗が吹き出し、蕁麻疹が浮かんでは消える。絶望の気持ちは人をここまで変えてしまうのか。この症状は数年も続いた。

 

 腫瘍医を変えてもらった。特に卵巣の手術が決まってからは話しづらく、気分屋で男性のドクターとは話をしたくなかったのだった。

6月に初めて新しい腫瘍医Hとのアポイントメントがあった。すごくプロなキビキビした女性だ。何でもはっきりと言う。

卵巣とともに子宮も取ってしまったほうが良いという。そして


「もしも再発したら、あなたの命はすごく、すごく短いのよ」と脅かされる。 Very very shortと。


一緒に病室にいた息子はわっと泣きだしてしまった。もうずっと精神的に安定していたというのに。 医者はすぐに息子の手を取り


「だから再発しないように頑張らないといけないの」と説明してくれたが、あらためて癌の恐ろしさを再確認した。


この日摘出手術の決意をする。

2箇所も転移のリスクがなくなるのなら、やはりしよう。


もう息子を泣かせたくない。一日でも長く生きて、これからは楽しい思い出をたくさん作ってあげたいと思った。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます