第5部 再建手術

第39話 ティッシュエクスパンダー挿入


3月30日


ついにこの日再建手術の為の手術をした。 全摘出手術をしてから約一年経っていた。

左胸の皮膚の下にティッシュエクスパンダーを入れた。簡単に言うと水風船のようなものを入れて組織を拡張する手術だ。 この袋の中に徐々に生理食塩水を入れて皮膚を伸ばしていく。


色々調べると大変な手術ではないらしいのだが、私の場合皮膚が癒着していたのと皮膚も火傷のあとのケロイドに近かったのでとても時間がかかったそうだ。


もしこれほどの時間や痛みをともなうと知っていたら、きっと手術はしていなかったと思う。

再建前はすごくワクワクしていたので、とてもがっかりした。


全摘手術というのは乳房を丸ごと切り取ってしまう手術だ。 そして上下の皮膚を縫い合わせる。男性と同じような平らな状態になるので皮膚が足りなくなる。

なので、中にこういうものを入れて少しづつ皮膚を伸ばしていきスペースをつくるのだ。 伸びたら、この袋を取り出してシリコンなどに入れ替える。


 今回は楽な手術だと思っていたのだけど、すごく辛かった。 病院には10時間以上いた。フラフラで歩けないので車いすで車まで移動した。 まだ立ち上がることもでき無い。帰ってからも30時間位ずっと吐き気が続いた。 やはり手術は手術なのであった。


翌々日に病院へ行きチューブを抜いて検査をしてもらう。今回は調子が悪い。2回めの手術はとても楽だったので、ティッシュエキスパンダーを入れるだけだから今回も楽だろうと思っていたのだった。


放射線から5ヶ月経っていたのだけど、皮膚はケロイドのような状態で、薄くカチカチだ。

それを無理に伸ばそうとしているので、とても痛みがある。

嫌な予感が頭をよぎっていた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます