第31話  引っ越しと最後の抗がん剤


8月の最後の抗がん剤の前に基地の施設からビーチエリアののタウンハウスへ移れることになった。ビーチエリアと行ってもワイキキではなく、西側のロコな場所だった。タウンハウスというのは家が二軒横にくっついている集合住宅だ。一階2階が住居になる。こんどはここに3か月ほどいることになる。 

日本からの荷物はコンテナに入ったまま港に保管してあった。 これは家が建ったら運び込まれることになっている。


 息子は3年生からここ地元の小学校へ通うことになった。ハワイでは8月の初めごろから新学期になっていたので、夫が連れて行ったのだが、やはり初めはクラスに入れなかった。最初は夫が一日付き添った。


 闘病中の引っ越しは足を引きずりながらで大変だったが、やることがたくさんあって、嬉しかった。タウンハウスの2階の寝室にタオルやシーツや洋服を一日運んだ。

施設では借りていたお皿やキッチンのものが、ここにはないので少し買った。毎日忙しくても、普通の生活ができる喜びでいっぱいだった。


 ついに最後の抗がん剤をする。


うれしくて叫びたいくらいだ。 前日の腫瘍科医は忙しく機嫌も悪く、書類もなくし、リンパ腺の転移の数も間違えていた。 自分で見つけたくせにと思う。 この人に会うと余計に具合が悪くなってしまう。


前夜と早朝に薬を2回飲み、抗がん剤室へ。

大きい部屋にうつってから2回目だ。たくさんの人がいる。 

この人たちは皆、がんという病気と闘っている。 顔色が皆似ている。 

灰色のようなどす黒い感じになるのだ。生きるための薬のはずなのに一様に生気を失う。


最後の抗がん剤治療ということで、病院で知り合いになったケーシーが電話をくれた。

この女性は20歳から5回も違う個所の癌になっている人だ。 初めて手術した時に隣のベッドにいて、私が痛くて唸っているときに声をかけてくれたのだった。


「ハーイお隣さん、どこの手術なの?」

「乳がんで、だから胸なの」と答えると


「何回目?」と聞いた。 

「もちろん、初めてよ」というと


「私なんてねー5回目!」なんていうので本当に驚いた。


それから病院で会うたびに彼女の話を聞いて、勇気をもらった。

そのケイシーが「おめでとう」と電話をくれたのだった。


「ケイシー本当にありがとう。泣いてた私を励ましてくれたよね。手術の後で」


「どういたしまして。ここまで本当によくやったわね!誇りに思うわ」と言ってくれた。

病院に通っている間にいろいろな人と知り合いになる。 中には苦手な人もいたが、優しく思いやりのある人も多かった。 ケイシーの5回の癌の話と


「5回も大丈夫だった私がだいじょうぶなんだから、あなただってだいじょうぶよ」というセリフには本当に励まされた。


私も治療が終わったら、できるだけ多くの人に自分の話をしようと思った。


「こんなでかい癌でだいじょうぶだったんだから、あなたもだいじょうぶよ」と。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます