第28話  ドラクエ効果


6回目の抗がん剤も終わり、あと2回。息子の精神状態はまだ安定しておらず、時々3歳くらいでやめていたマミーという言葉で私を呼んだりしていた。


突然泣き出す、お墓の前で最高なママだったといって泣いている想像するのだという。 それから


「真っ暗の中をママがどんどん小さく遠くに行って消えちゃうの」とも言う、

紙にその絵を描いて破らせた。 


「ほらー、もうなくなっちゃったよ」


「それは絵だから……」


「じゃあ目の前のママを見て!すごく元気でしょう?」


と変な顔で笑う。

ちょっとだけ笑う息子。


どうしたら気持を楽にしてあげられるだろうか。


病院では、カウンセリングとして小さい子供に抗がん剤の説明をしていたのだ。 お母さんの乳がんの話、抗がん剤って何?どんな薬? そして抗がん剤をする部屋を見せてくれたのだが、逆効果だったような気がする。


渡された絵本もお母さんが抗がん剤をして髪の毛が抜ける話だった。頼まれて何回か読んだのだが、あまり効果はなかったような気がする。


ある日また突然の号泣が始まったときに


「あのね、抗がん剤はね、すっごく強い武器なんだよ、ラスボスなんてすぐやっつけちゃうバトルアックスなんだよ!」


と当時2人でやっていたドラクエの中の武器の名前を使った。


「え!そうなの? 強い武器なの? でも癌も武器を持ってる?どんな武器?」


と聞くので、間髪入れずに


「こんぼう!」


と、一番弱い武器の名前を言ったら、はじめて晴れ晴れと笑った。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます